ニュース

2013.10.17
トップチーム

残り6試合!リキ、ユウジ、ダイチが合流。

10月17日(木)晴れのち曇り。サンガタウンは一気に秋らしくなり、観戦には上着を一枚羽織ってちょうどいい感じの気候です。

 

オフ明けの今日は、まずミーティングから。鹿島戦のビデオを見て振り返りました。

大木監督は、「何のために練習するのか」という話を選手たちにじっくりとし、トレーニングに入りました。

 

11時15分、ストレッチをはさみながら、2タッチでボール回し。イメージを頭に描きながらパスをリズムよく回していきました。

 

11時25分、形を変えて、パスの距離を考えながらボール回し。パスのテンポを上げていきます。

 

11時55分、4対4にフリーマンをプラスして、さらにボール回し。

 

12時10分、コンパクトなスペースで3対2。狭い中でプレッシャーを受けながら、有利な状況を作っていきます。

 

12時30分、4分の1コートでミニゲーム。

 

13時00分、20分ジョグ。

 

13時20分、全体練習終了。

 

今週はいつもより一日少ない日程での調整。残り6試合を乗り切るために、選手たちのコンディションを確かめながら練習を進めていきました。

 

今日は東アジア競技大会から帰ってきたリキ、ユウジ、ダイチが練習に合流。

向こうのグラウンド状況が悪かったらしく、「まっすぐにボールが転がってくれるだけでうれしい」とサンガタウンのグラウンドの良さをありがたがっていました。

 

貴重な経験をし、「Jリーグで活躍したいという気持ちが強くなった」と元気に帰ってきた3人を加え、戦う残り6試合。

 

勝つためだけに、100%力を注ぎます!

ソメ・アンちゃん・ミッチー
群馬との前回対戦でゴールを決めているコウジ
笑顔で選手たちのプレーを見つめる大木監督
ヨコ
ヨシアキ
カズキ
ボール回しの様子
ユウジ
ボールを追う選手たち
気持ちのよい秋の天気に恵まれたサンガタウン
「自信につながった」ダイチ

この記事をシェアする