ニュース

2012.07.21
試合情報

【J2第25節vs愛媛プレビュー】「ここから」一戦一戦勝利を積み重ねていく!

前節の熊本戦で欲しくてたまらなかった勝利を手にしたサンガ。厳しい暑さのなか、全員が最後まで集中を切らさず戦い抜いた。得点を決めたのは、キャプテンの中山。点を決めると、ベンチメンバーも飛び出し全員で喜びを爆発。勝ちあぐねた50日間だったが、梅雨明けと時を合わせたように晴れやかな勝利をつかんだ。

「どんなときも、1勝することはどれだけ大変なことか、勝てば天にも昇る気持ち」(大木監督)。8試合ぶりの勝利の直後、監督・選手たちが口にしたのは、うれしい気持ちと「ここから」という強い意志。勝点を40に伸ばし、7位。J1昇格へ、ここからサンガの快進撃を見せたい。

今節ホームで迎え撃つのは、愛媛FC。6位以内を目指す愛媛は、現在、勝点32で12位につける。前節水戸戦は、FW石井の得点で1-1のドロー。東京Vから3得点を奪い逆転勝利(3-1)をしたあと、ここ3試合勝利がない。ここまでFW有田が8得点を挙げ、チーム得点王(J2リーグ得点ランキング8位)。最終ラインには、元サンガのDFアライールが入り、MFトミッチが今節出場停止となる。

一方のサンガは、U-19日本代表としてインドネシアに遠征していた久保と杉本が今週の水曜日からチームに戻っている。4得点を挙げ自信をつけて戻ってきた久保は、チームでのゴール量産を狙う。

前回対戦では、アウェイで勝点を拾えなかったサンガ(1-2)。秋本が、「愛媛には1回負けているので勝ちたい。チームのストロングポイントを出して守りきりたい」と語れば、中山は、「負けた相手にもう一回負けるのは嫌。やり返したい」、安藤も「アウェイでやられているし、やり返す。チャレンジする気持ちで臨みたい」と語り、愛媛戦に集中し、気持ちの入ったトレーニングを続けた今週。勝利を奪って悔しさを晴らし、連勝したい。

熊本戦後には、「(愛媛戦へ向け)しっかり準備することが大切」とコメントしていた中村。攻撃陣のタクトをふるう。
「後ろが我慢すれば前が必ず得点をとってくれる。とにかく焦れずに戦うことが何より大切」と粘り強く戦うことを口にする秋本。
「熊本戦の後半のようなサッカーでこれからも勝ち続けていきたい」(バヤリッツァ)

この記事をシェアする