ニュース

2012.03.16
試合情報

【J2第3節vs熊本プレビュー】継続。ホームで連勝し、続くアウェイ戦へ!

ホーム開幕戦で今シーズン初勝利を飾ったサンガ。J1昇格の目標達成には、連敗しないことが大事だということを選手もサポーターもよくわかっていた。対戦相手は昇格争いのライバル・千葉。試合開始17時半、雨上がりの冷え込む京都で、負けられない戦いが繰り広げられた。

先制したのはサンガ。後半15分、工藤のパスに中村が抜け出し、ゴールキーパーを交わしてゴールを決める。後半終了間際には、コーナーキックから宮吉がヘディングで競り勝ったボールを、原がゴールに突き刺し追加点。原の移籍後初ゴールが決まり、2-0の完封で今季初勝利を挙げた。

試合後、ベンチから飛び出した選手・スタッフ。ピッチ中央で監督を含めて歓喜の輪が踊った。そのあとゴール裏では、選手とサポーターが一緒になって弾け、勝利を喜んだ。昨シーズン終盤、天皇杯で勝ち上がると共に温まった選手とサポーターの一体感。その絆は今シーズンさらに堅く結ばれ、1試合1試合、共にJ1昇格を目指す光景が広がっていくことだろう。

今節対戦するのは、ロアッソ熊本。昨シーズンJ2リーグ11位の成績。今季は、開幕戦で福岡に破れたが(1-2)、前節で鳥取と対戦し、今季初勝利を得ている。鳥取戦では、序盤に先制を許し押されぎみの展開となるものの、後半1分、抜け出したFW武富が同点弾。さらに、キャプテン・MF藤本の移籍後初ゴールで2-1の逆転勝利でホーム開幕戦を飾っている。

対戦するサンガは、前節に引き続きホームで戦える今節。勝利を重ね、勝点3を積み上げたいところだ。熊本戦に向けて、工藤が「しっかりやることをやらないと難しいゲームになる。やれていることを長く続けていくことが大事。もっとチャンスを増やして、精度を上げていきたい」と語れば、キャプテン・中山は「結果がすべてなので、負けたあとにしっかりと勝てたのはプラス。勝っても負けても次の試合が大事。難しい試合になる覚悟はしている。そのなかで自分たちの良さを出してやれれば勝てる」と自信を覗かせる。

先週の練習試合で2点を決めて、メンバー入りを果たした原。途中出場すると、しっかりと決勝点を決め、監督の期待に応えた。今週の練習試合では、内藤が2点、長沢が3点を挙げアピールしている。若手2トップの宮吉・久保もシュート練習を重ね、ゴールを狙っている。J2・10000ゴールまであと4ゴールと迫り、記念ゴールにも注目が集まる。

「いいゲームをして勝ちたい」と笑顔を見せる大木監督。格別の喜びを、西京極一体となって分かち合いたい。

前節、ホーム西京極のピッチに帰ってきた倉貫。「まずは気持ちで相手に負けないようにしたい」と熊本戦へ向け闘志を燃やす。
代表戦でフル出場して再びチームに合流したチョンウヨン。
前節・千葉戦では久々に西京極のピッチに立った染谷。「今はサッカーができることに非常にやりがいを感じている」と充実感を口にする。

この記事をシェアする