ニュース

2011.12.31
試合情報

【天皇杯決勝vsFC東京プレビュー】元日決戦!大木サッカーの成長を証明し、9年ぶり戴冠へ

ついに上りつめた9年ぶりの大舞台、2012年の元日決戦へと駒を進めたサンガは、F東京を相手に2度目の天皇杯制覇をかけた一戦に臨む。

準決勝で横浜FMを力強く退けてみせたサンガ。再び迎える東京・国立競技場でのゲームを前に、選手たちからは自信溢れるコメントが出ている。横浜FM戦で守備の中心を担った安藤は、「チームの雰囲気はいいですね。次もしっかりといい準備をすることが重要ですし、勝って優勝したい」と話し、あらためて頂上への想いを述べた。

今季チームの成長に合わせるかのように躍進を遂げた福村は、「決勝までこれて本当にうれしいし、まだまだサッカーがやりたい気持ちが強い」と意気込みを示す。このほかにも、決勝進出直後には「みんなで最後に勝者になれることを祈っている」(ドゥトラ)、「悔しい思いをさせたので最後は喜んでもらいたい」(水谷)、「一緒に戦って最後に喜びあいたい」(中山)など、各選手たちからサポーターへの気持ちが口々に語られた。

また、決勝戦が終われば現チームでの戦いは幕を閉じることとなる。今季でチームを去ることになる加藤も、試合終了のホイッスルの瞬間に号泣してしまったという横浜FM戦後には、あらためてこれまで支えてきてくれたサポーターへの熱い想いを吐露した。

「このチームで少しでも長くやりたいというのが、ここにきてまた強くなっている。僕にとってこの4年間京都でプレーしたなかで、サポーターの存在は凄く大きかった。元日にみんなで喜び合えればという気持ちは凄くある。僕らも最後までグラウンドを走り切るので、決勝も一緒に戦って下さい」

文字どおりチーム一丸となっているサンガにとっての2011シーズン最後の相手は、今季2度の対戦で1-4、1-6と大敗を喫しているF東京となった。大木サッカーの成長を証明するにはこれ以上ない対戦相手となるが、選手たちは「絶対に負けられない」(久保)、「あのときとは違うことを絶対に見せられると思う」(安藤)とリベンジに燃えている。

今季苦しみながらも積み上げてきた大木サッカーの集大成を披露するには、またとない元日の舞台。「選手たちにはプレッシャーもあるし、緊張もあると思いますが、これを乗り越えていってほしい」と語る指揮官のもと、1月1日14時、選手たちは歓喜の瞬間に向けて大きな一歩を踏み出す。

横浜FM戦で貴重な同点弾を決めた工藤は攻守に欠かせない存在となっている。
準決勝の大舞台でも落ち着いて“らしさ”を発揮していた中村充。
秋本を累積警告の出場停止で欠く中、ディフェンスラインでの安藤にかかる期待は大きい。

この記事をシェアする