ニュース

2011.12.23
トップチーム

天皇杯準々決勝前日!サンガのキーマンは・・・

12月23日(金・祝)晴れ、天皇杯準々決勝を明日に控えたサンガタウン。厳しい冷え込みのなか、多くのファン・サポーターが、戦いへと挑む選手たちを激励に来てくれました。

 

鹿島戦の勝利から湘南戦へと気持ちを切り替え、オフ明けから準備が行われた今週。水曜日の佐川印刷とのトレーニングマッチでは、選手たちはトライする姿勢を見せ、3-0の勝利をつかみ、さらなる手ごたえもつかみました。

 

今日は、トップチームへ昇格を果たしたU-18のフレッシュな選手たちも交え、鬼ごっこやボール回しなどのリラックスできるメニューで、前日調整が行われました。

 

大木監督が湘南戦に向けて、相手のキーマンに挙げたのは、田原選手。「素晴らしい選手で、どんどんよくなっている」と警戒。

リーグ戦では今季湘南に2勝をしているサンガですが、選手たちは、「リーグ戦と天皇杯とは違う」と気を引き締めて、しっかりと準備をしてきました。

 

ベテランのミズやミッチーにとっても、天皇杯ベスト8の戦いは、これまでに経験したことのない戦い。このチャンスをモノにしたい気持ちでいっぱいです。サンガにとっては、9年ぶりに天皇杯の頂点をつかめるチャンス!

1年間やってきたことを試合で出すこと。サンガのキーマンは全員です!

原川力選手・三根和起選手の姿も!
ボールにいく!
明日もサンガの形を作ってゴールへ!
後輩ができてうれしそう。
明日得点を狙っているドゥトラ。
冷え込んだサンガタウン。「サポーターの力も借りて勝利をつかみたい」―シュン
いつも通りふたりでランニング。
鹿島戦では試合を通してクオリティ高いプレーで勝利へと導いたミヤ。「明日も結果を出せるようにしたい」と気持ちを入れている。
ドイツで貴重な経験をして帰ってきたユウヤ。「明日、ゴールを決めて勝ちたい」とコメント。

この記事をシェアする