ニュース

2010.06.26
試合情報

御殿場キャンプレポート6日目(最終日)

御殿場キャンプ6日目。

リーグ中断期間を利用した静岡・御殿場でのキャンプも最終日。今回のキャンプは4試合の練習試合が組まれ、より実戦を意識したメニューで、フィジカルも積極的に行うなど、選手たちにとっては2月の鹿児島(国分)キャンプにも勝るかなりハードな内容になりました。また、ピッチ外の面でも食事や移動、ミーティングなど多くの時間をチームメイトと過ごし、チームとしての一体感が向上したことは後半戦に向けて大きなプラス材料です。

ナビスコカップでは惜しくも決勝トーナメントへの進出は逃してしまいましたが、リーグ再開をいい形で迎えるためにも明日の富山戦(プレシーズンマッチ)はテストの場であると同時に勝負としても負けるわけにはいきません。フィジカルで追い込んだ直後で、疲労の残る中での戦いになりますが、どんな状況でも勝負にこだわる姿勢を選手たちは見せてくれるはずです。期待していて下さい!


柳沢敦選手
「(キャンプでは)大きなケガ人もなくいい練習が出来ました。後半戦で勝ち点を積み重ねて、上位で戦う姿をお見せできるように頑張ります。応援宜しくお願いします」

鈴木慎吾選手
「徐々にコンディションも上がってきて試合勘も戻りつつあります。再開まで時間もありますし、リーグ再開までの2週間でしっかりと調整していきたいと思います。ワールドカップでも刺激的な戦いをしているチームもありますし、サンガもそういうサッカーをお見せできるように頑張っていきたいと思います」

ハウバートダン選手
「キャンプではメンタル面で成長できたという手ごたえを感じています。再開までの2週間で自分のパフォーマンスをしっかりだせる状態までもっていき、レギュラー争いに加わって、チームに貢献できるように頑張っていきたいと思います。

『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』ではキャンプ中の選手コメントや練習の模様を動画で公開中!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>

この記事をシェアする