ニュース

2010.02.08
試合情報

鹿児島キャンプレポート1日目

雪舞う京都を離れ、いざキャンプ地・鹿児島へ!

選手28名(中谷選手、上里選手、中村充選手は治療、リハビリの為、遠征不帯同)にスタッフ12名を加えた合計40名は午前11:00、鹿児島空港に降り立ちました。空港では鹿児島県、霧島市による歓迎セレモニーが開催され、空港ロビーはたくさんの人だかりとなりました。

セレモニーを終え宿泊ホテルに入った選手たちは昼食をはさみ、休むまもなくすぐさま練習会場となる国分運動公園へ。この日は日曜日、そして2年ぶりの鹿児島でのキャンプということもあってか約150名近いサポーターの皆さんが見学にお越しいただいてました。
そんな中、はじめに室内でのストレッチから始まった練習。その後グラウンドに登場してゆっくりとジョギングを開始。最後はクロスからのシュート練習、コーディネーションで初日の練習は終了しました。

そんな練習を横目にサブグラウンドに目を移すとそこでは秋田コーチ&ジャイル正岡コーチ&李通訳兼マネージャー(この日はアシスタントコーチ)による霧島市内のサッカー少年団所属の少年を対象にしたサッカー教室が開催され、地元の皆さんとの交流を深めました。

夕食後には、地元のサッカー少年たちを招待しての「京都サンガF.C.歓迎の夕べ」が開催されました。霧島市サッカー協会会長の山崎亨様からも激励のお言葉を頂戴し、霧島市より霧島高原純粋黒豚30kg、桃太郎トマト10箱、いちご10箱、鹿児島県から、かごしま黒豚70kg、垂水かんぱち2匹、かごしま茶5キロを贈呈品として頂きました。その後は選手全員が壇上から降りてのサイン&写真撮影会。そして抽選会では、柳沢選手、平井選手、中山選手から当選したラッキーなお子さんにサインボールや実使用練習ジャージがプレゼントされました。

明日からは2部練習で合宿が本格化します。いよいよサバイバル合宿の幕開けです!!

**********************************************************************
◎携帯サイトでは『2010キャンプ通信』を配信中!!
詳細はこちら
◎トレーニングキャンプ日程はこちら

**********************************************************************

この記事をシェアする