ニュース

2020.11.20
クラブ

祥洲/墨翔会×京都サンガF.C.コラボ企画のお知らせ

このたび京都サンガF.C.では、2014年より毎年開催を続けている、書家・祥洲先生率いる墨翔会とのコラボイベントを本年も実施いたしますので、お知らせいたします。

 

祥洲先生には、今季のキャッチ「一体感」をしたためていただき、クラブへエールをいただいております。
今季のイベントは、墨翔会に所属する児童の皆さんがサンガへの「エールの書」をしたためた応募総数300点を越える作品の中から選ばれた力作を掲載した「ウェブ書道展」と、選手ロッカールームにも掲出している、「一体感」の書と共に、選手たちの手形が入ったデザインのバスタオルを数量限定で発売します。

■サンガにエールで書!祥洲/墨翔会 児童「ウェブ書道展」

 

 

墨翔会に所属する児童の皆さんがサンガへの「エールの書」をしたためてくださいました。応募総数300点を越える作品の中から選ばれた力作をご覧ください。

 

【特設ぺージ】https://www.sanga-fc.jp/special/2020/shodo/

■全選手手形一体感バスタオルの販売

 

 

サンガスタジアムby KYOCERAの選手ロッカーに掲げてある各選手の手形と共に祥洲先生が手掛けた「一体感」の文字が描かれた掛け軸をモチーフにしたバスタオルを販売します。(所属は2020年4月1日現在のものです。)

 

【価格】[一般]3,300円(税込)[ファンクラブ会員]2,970円(税込)

【サイズ】 約60×120cm

※11/21(土)徳島戦にて販売いたします。詳しくはこちら>>
 

■祥洲先生プロフィール

 

6歳から本格的に書を学び、伝統書、現代書、デザイン書、墨の抽象、そして現代美術まで独自の表現世界を確立。現代日本の代表的な書家の一人として国内外での受賞・ 個展多数。小学校図画工作教科書に収録、大河ドラマ「軍師官兵衛」や「AKB48」の題字、メルセデスベンツやアディダスなどのCM、その他多くのロゴ書なども手掛ける。京都サンガF.C.とは2014年以降毎年コラボを続けている。墨翔会主幹、墨集団翔Sho代表。1958年京都生まれ。

祥洲の墨の世界 http://shoshu.jp

 

この記事をシェアする