ニュース

2020.08.27
クラブ

クラブスタッフ 新型コロナウイルス感染症の陽性判定について

このたび京都サンガF.C.では、クラブスタッフ(一般内勤スタッフ)1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。

 

■当該スタッフの経過・症状

8月24日(月)会社休業日、体温36.3℃、体調不良なし、同居家族がPCR検査にて陽性判定

8月25日(火)会社休業日、体温36.3℃、体調不良なし、濃厚接触者との認定を受ける

8月26日(水)自宅待機、体温36.4℃、体調不良なし、PCR検査を受ける

8月27日(木)自宅待機、体温36.3℃、体調不良なし、PCR検査の結果、陽性判定となった

※現在、本人に新型コロナウイルス感染症、風邪の症状など、体調不良はみられません。

 

保健所による調査の結果、感染経路につきましては、同居家族からの感染であること、また、クラブ内に濃厚接触者はいないことが確認されています。

24日以降は会社休業日でもあり、本人のクラブハウスへの出入りは一切ありませんでした。また、一般内勤スタッフにつき、選手・チームスタッフとの接点もありません。

 

弊クラブでは全選手、クラブスタッフを対象に毎日の検温と健康状態の確認を行っておりますが、現在のところ、発熱や倦怠感、喉の痛み、味覚障害などの症状を訴えているものはおりません。

また、弊クラブでは感染予防、感染拡大の防止に向けた取り組みを実施しておりますが、ファン、サポーターの皆様、お取引様、選手及びクラブスタッフならびにそのご家族の健康維持を最優先に考え、引き続き、政府や京都府及びJリーグの方針、ガイドラインに基づき、更なる対策の強化に努めてまいります。

この記事をシェアする