ニュース

2020.06.08
ホームタウン

Jリーグ関西4クラブ/京都サンガF.C.・ガンバ大阪・セレッソ大阪・ヴィッセル神戸 「負けへんで!関西」プロジェクト始動のお知らせ

世界が初めて経験する新型コロナウイルス感染症により、多くの方たちが我慢を強いられ、不安を抱えて過ごされていることだと思います。

 

こういう状況だからこそ、我々Jリーグに加盟する関西4クラブ、京都サンガF.C.・ガンバ大阪・セレッソ大阪・ヴィッセル神戸では一つになり、また自治体と協力し、近畿2府4県の皆様へ「勇気」「笑顔」を取り戻していただけるような活動ができないかと考え、このたびJリーグが推進している社会連携活動(シャレン!)の一環として「負けへんで!関西」プロジェクトを立ち上げました。

 

活動の第1弾としまして、各クラブ代表選手を起用したデザインでwithコロナ対策の一つである「ソーシャルディスタンス」啓発のサイネージ画像を制作いたしました。

 

今後、各自治体で順次掲出される予定となっております。多くの方の目に触れることで、新型コロナウイルス感染の「第2波」への警戒につながることを願っております。

「負けへんで!関西」プロジェクト

 

◆プロジェクト協力団体

株式会社京都パープルサンガ・株式会社ガンバ大阪・株式会社セレッソ大阪・楽天ヴィッセル神戸株式会社・公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)

 

◆掲出協力自治体・団体/掲出場所(予定)

大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県および各市町村・公益財団法人大阪観光局

 

◆デザインデータ(各クラブ自治体名入りを使用)

京都サンガF.C. 李忠成選手・ガンバ大阪 遠藤保仁選手・セレッソ大阪 清武弘嗣選手・ヴィッセル神戸 アンドレス イニエスタ選手

 

◆掲出期間

6月8日(月)~ 約1か月半

※各自治体により、開始および終了期間が異なります。

 

この記事をシェアする