ニュース

2020.02.15
クラブ

プレシーズンマッチでの不適切な旗の掲出について

いつも京都サンガF.C.をご支援ご声援いただき、ありがとうございます。

2月9日(日)に開催いたしました、2020Jリーグプレシーズンマッチ「京都サンガF.C. vs.セレッソ大阪」におきまして、ホームゴール裏自由席(サンガ側)にて差別的な思想を連想させるデザインを施した旗が掲出されました。

Jリーグでの共通ルールに則り、弊クラブといたしましても、差別的思想を連想させる旗、横断幕等の持ち込み並びに掲出は固く禁止させていただいており、クラブとしても大変遺憾に思っております。

多くの皆さまに不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げると共に、今回の件を真摯に受け止め、今後、改めて禁止掲出物の周知徹底を行うと同時に、掲出物の内容確認を強化し、以前よりホームページに掲載しております下記の「京都サンガF.C.試合運営管理規定」に従い、クラブが不適切と判断した旗並びに横断幕等の掲出や行為等について厳正に対処してまいります。

また、誠実にルールを守り、応援していただいている大多数のファン、サポーターの皆様に対しましても、ご迷惑をおかけしましたことを重ねてお詫び申し上げます。

なお、旗やバナーの掲出方法等を含む、2020シーズンの「ホームゲーム観戦マナー」につきましては、改めてホームページにてご案内させていただきますので、スタジアムご来場の際にはご一読いただき、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

「京都サンガF.C.試合運営管理規定」 抜粋

 

第3条(持ち込み禁止物)

施設に入場しようとし、または入場した者は、運営・安全管理者が特に必要と認めた場合を除き、次の各号に掲げる物を施設に持ち込むことはできない。

(中略)

8.政治的、思想的、宗教的主義、主張または観念を表示あるいは連想させ、試合運営に支障をきたす恐れがあると判断される物、または、選手・監督・クラブ・審判員に対して誹謗中傷を目的としたもの

9.以下に該当すると主催者もしくは主管者が判断した掲示板、横断幕、のぼり、旗、プラカード、ゼッケン、文書、図面、印刷物等

  Ⅰ.政治的、思想的、宗教的主義、主張または観念を表示、または連想させるもの。

  Ⅱ.差別的、侮辱的な内容、表現を含むもの

  Ⅲ.選手やチームを応援または鼓舞する目的が認められないもの

  Ⅳ.大会の運営に支障を及ぼすおそれがあるもの

(中略)

第4条(禁止事項)

11.政治的、思想的もしくは宗教的な主義、主張、観念を表示あるいは連想させ、試合運営に支障をきたす恐れがあると判断された物、または、選手・監督・クラブ・審判員に対する誹謗中傷を目的とした物の掲出ならびに発言

(中略)

19.人種、肌の色、性別、言語、宗教、政治、または出自等に関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為をすること

 

この記事をシェアする