ニュース

2020.01.09
クラブ

\SANGA Message!/定例会のお礼とご報告

12月26日(木)19:00より、今シーズン最後となるサポーターとの定例会を開催させていただきました。年末の大変お忙しい時期にも関わらず、今回も市野事務局長を始め、多くのサポーターの方々にご出席を頂き、今シーズンの総括、来季に向けた積極的な意見交換、そして、スライドを使用したサンガスタジアムby KYOCERAでの試合当日の運営方法などについて説明をさせて頂きました。

冒頭、社長の伊藤から、「今シーズン、ホームで3敗しかしなかったのはサポーターの皆さんの熱烈な応援のおかげ」と今シーズンの温かいご声援に対するお礼を述べさせていただきました。

参加いただいたサポーターからは、選手やコーチングスタッフの総括、来シーズンに向けたチーム編成など、質問をいただきました。以下、主な話し合いの内容につきまして、一部ご報告させていただきます。

先ず、監督交代について質問がありました。チームとしての一体感をより高めるために検討した結果、監督交代を決断したことなどを説明いたしました。實好新監督については、2019はコーチとしてチームを支えていただき戦略的思考に優れており、サッカーに対する指導力、選手からの信頼の厚い点等を勘案してお願いしたものである旨、お話しさせていただきました。

また、感謝の心を忘れず、これまで以上に積極的に地域貢献・地域連携活動をすることで、皆様から真に信頼されるクラブを目指しいていくこと。そしてそのことをより多くのファンやサポーター、スポンサーにご理解をいただくことがチームの強化にもつながると説明をさせて頂きました。更に、より多くの育成選手がトップチームに昇格し、トップチームで活躍できる環境をつくり続けることも、育成型クラブを目指すサンガにとって、大変重要であることを再確認させて頂きました。

会の後半では、亀岡に建設中のサンガスタジアム by KYOCERAをスライドで紹介し、観客席からの眺め、お客様の導線やフラッグの掲出エリアについて説明をさせて頂き、サポーターの皆様からも貴重なご意見を頂くことが出来ました。特に待機列のレイアウトや入場時のオペレーションについては、多くのご意見を頂戴いたしました。指定席と自由席、メインスタンドとバックスタンド、先行入場と一般入場の入場列をどのように配置するかの意見については、来場された皆様の安全と快適な観戦環境の実現に向け、改めてサンガで検討させていただきます。

また、サポーターの横断幕、大旗やビッグフラッグの使用可能エリアにつきましたは、来場者の安全を最優先にスポンサー様の看板にも配慮する形で検討させていただきたいと考えています。

今後も本定例会を継続し、皆様のご意見をお聞きし互いに意見を出し合える素晴らしい機会が続くことを願っています。引き続き、熱いご支援とご声援を宜しくお願い申し上げます。

 

【BACK NUMBER】

・「もう一人、あと一人を誘って西京極スタジアムに来て下さい!(2019.02.23)」 >>

・「開幕戦での大声援、誠にありがとうございました!(2019.02.25)」>>

・「アカデミー出身・荻野選手&島村選手、ブラジルで修行中!(2019.03.10)」>>

・「前に進む為に。(2019.04.06)」>>

・「Jリーグ戦ホーム通算350万人動員達成!(2019.04.14)」>>

・「サポーター定例会のお礼(2019.04.23)」>>

・「サポーター定例会のお礼とご報告(2019.06.13)」>>

・「”TEAM京都”で更なる勢いを!(2019.7.18)」>>

・「TEAM京都コンソーシアム 設立(2019.8.1)」>>

・「サポーター定例会のお礼とご報告(2019.09.24)」>>

・「サポーター定例会のお礼とご報告(2019.10.03)」>>

・「サポーター定例会のお礼とご報告(2019.11.11)」>>

・「2019シーズン、たくさんの熱いご声援をありがとうございました(2019.11.26)」>>

・「西京極クリーンアップ大作戦を実施しました(2019.12.10)」>>

 

この記事をシェアする