ニュース

2019.09.04
ホームタウン

【サンガ日記】9/2(月)「第9回サンガ杯グラウンド・ゴルフ大会」が開催されました。

地域密着活動を推進する京都サンガF.C.ではサンガタウン城陽の人工芝グラウンドを年数回提供し、城陽市グラウンド・ゴルフ協会主催の大会が開催されています。そのうちの一つが「サンガ杯」です。

 

 

城陽市に在住・在勤の300名のシニア世代の方がサンガタウン城陽に集まり、普段は育成組織の選手たちがサッカーの練習に励んでいるグラウンド上で、2グループに分かれてグラウンドゴルフの熱戦が繰り広げられました。

 

開会式では弊社社長の伊藤から「日頃から城陽市の皆様にはクラブをお支えいただきありがとうございます。シーズンの最後までご声援よろしくお願いいたします。そして、今日はプレーを楽しんでください。」とご挨拶させていただきました。

 

 

普段は土のグラウンドや芝生広場でプレーされることが多く、人工芝独特のボールの転がりや水はけを考慮した目に見えない微妙な傾斜に苦戦されながらも皆さん最後まで元気いっぱいにプレーされていました。

また、前回に続きサンガスタッフも一緒に回らせていただき、地域の方と交流することができました。

 

 

今年もサンガから優勝の副賞としてユニフォームをプレゼント。

 

(左:女性の部優勝 松村 トシ子さん 右:男性の部優勝 竹内 敦美さん )

 

とても暑い一日でしたが、参加された皆さまお疲れさまでした。来年は第10回の記念大会です、たくさんのご参加をお待ちしております。

この記事をシェアする