ニュース

2019.05.08
ホームタウン

【サンガ日記】5/3(金)亀岡光秀まつりの「武者行列」と「かめまるフェスタ」に参加しました

5月3日(金・祝)、地域密着活動の一環として、京都サンガF.C.のホームゲームも開催する新スタジアムの建設が進む亀岡市で最大規模のイベント「第47回亀岡光秀まつり」にパーサくんが参加してきました。
亀岡光秀まつりは、初代丹波亀山城主として丹波亀山を治め、今日の亀岡の基礎を築いた戦国時代の智将・明智光秀公の遺徳を偲び、市民あげて顕彰する春まつりです。

 

晴天に恵まれたこの日、武者行列ではパーサくんと亀岡市の観光マスコットキャラクター「明智かめまる」が先導し、光秀公を含め、総勢500人を超える行列が、亀岡の城下町を中心に練り歩きました。
来年、2020年に明智光秀が主役となる大河ドラマ「麒麟がくる」の放送が予定され、亀岡駅前に建設中の新スタジアムには大河ドラマ館の開設が決まったこともあり、沿道には多くのお客さんが待ち構え、パーサくんにもたくさんの声援をもらいました。
 

 

 

また武者行列のゴール地点である南郷公園で開催された「かめまるフェスタ」では、明智光秀像の除幕式やステージでのイベントがあり、こちらもたいへんなにぎわいとなりました。京都サンガF.C.もブースを出展し、ガラガラ抽選やサンガオリジナル風船のプレゼントにたくさんの方がご来場いただきました。

 


まつりに参加された武者行列の皆様、応援や運営スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

京都サンガF.C.では、今後もこのような地域のイベントに積極的に参加してまいります。

この記事をシェアする