ニュース

2019.01.26
ホームタウン

【サンガ日記】亀岡市で三枝トレーナーがけが予防について講演をしてきました

1月19日(土)、亀岡市内中学校の部活動指導者及び部活動を行っている中学生対象の、「スポーツ外傷予防講習会」に三枝トレーナーが講師として参加しました。

亀岡市は市民の方とともに安全・安心なまちづくりを進めているところであり、今回はスポーツ中のけがを未然に防ぐための方法や体づくりをテーマに「セーフコミュニティかめおかスポーツの安全対策委員会」の主催で開催されました。

 

講演では、中学生年代は体が成長する時期であり、その成長期にあったトレーニングの大切さを説明。

トレーニング内容についてはウエイトトレーニングではなく、自身の体重を利用した自重トレーニングを行うことが怪我を未然に防ぐトレーニング方法であるとともに、食事や睡眠を見直すことで練習や試合でのパフォーマンスを向上させることができることを話しました。

 

 

講演のあとは、参加者全員で自重トレーニングの実技。

自重トレーニングは参加した生徒にとって初めてで、コツをつかむまでは負荷のかけ方にとまどっている様子でしたが、三枝トレーナーの身振りや手振りを交えた解説により、実技が終わる頃にはコツをつかんでトレーニングをできるようになりました。最後に三枝トレーナーから参加者の皆さんに、この自重トレーニングは自宅でもできるため、回数をこなしながら継続してやることがけが予防とパフォーマンスの向上につながることを伝えました。

 

 

 

京都サンガF.C.ではこれからも、運動を通じて健康であることの楽しさ、素晴らしさを実感するとともに、生涯健康に過ごせる社会づくりを推進してまいります。

この記事をシェアする