ニュース

2018.11.04
ホームタウン

【サンガ日記】「右京区民ふれあいフェスティバル2018」に参加しました。

10月27(土)、京都市右京区で開催された区民相互のふれあいと地域の活性化を目的とする「右京区民ふれあいフェスティバル2018」に参加しました。
新井右京区民ふれあい事業実行委員会まつり部会長のあいさつで幕を開けたふれあいフェスティバルでは、ダンスや啓発ステージの他、地元学区の皆様による飲食ブースや各種団体ブースなどが軒を連ね、開会と同時に多くの区民の方が来場されました。
サンガではサイン入り試合球や選手のサイン入りスパイクが当たるサンガくじを実施し、子どもから大人まで多くの方がブースに来て頂きました。
また、大久保剛志選手のふれあいサイン会も実施。一緒に写真を撮ったり、握手をしたりとふれあいを楽しんでいただけました。サッカーを習っているという小学生から「小学生の時、どんな練習をしていましたか?」という質問に、大久保選手は「リフティングばっかりやっていた!」と高い技術を身に付けるアドバイスを送りました。
 

 
新井部会長のあいさつでふれあいフェスティバルがスタート!
 
 
子どもから大人まで参加いただいたふれあいサイン会終了後は、大久保選手のサッカー相談室!?自分の経験を基に、丁寧にアドバイスを送りました。
 
京都サンガF.C.は、これからも地域貢献活動を積極的に行っていきます。
 

この記事をシェアする