ニュース

2018.09.21
ホームタウン

【サンガ日記】「伏見ふれあいプラザ2018」に参加しました。

9月2日(日)、京都市伏見区の京都パルスプラザで開催された区民相互の交流を深めるとともに、地域の活性化を図ることを目的に行われているイベント「伏見ふれあいプラザ2018」に参加しました。
京都サンガF.C.では、豪華景品が当たるサンガくじと、子どもたちに人気のキックターゲットを実施しました。
サンガくじでは、特賞の選手サイン入り試合球を当てようと、みんな気持ちを込めてガラガラくじを回していました。観戦チケットを当てた子どもたちは、嬉しそうに「応援に行く!」と言ってくれました。
また、キックターゲットでは、サッカーが大好きな男の子からサッカー未経験の女の子も挑戦してくれました。一人で蹴るのが不安な子どもは、コーチのアドバイスを受けて蹴って、最後は笑顔になりました。

 

 

 

門川大作京都市長の挨拶で伏見ふれあいプラザがスタートです。

 

 

 

 

サイン入り試合球をゲットしようと、子どもたちのガラガラくじを回す手には、力が入っていました。

 

 

 

 

キックターゲットでは、サッカーが大好きな子どもは高得点を狙って蹴り、未経験の子どもたちは確実に狙える下の枠を狙って蹴っていました。

 

 

 

 

コーチからアドバイスをもらい、子どもたちも楽しそうに体験していました。ボールが枠に入った時は、ハイタッチをして笑顔が溢れていました。

 

 

京都サンガF.C.は、これからも地域密着活動を積極的に行っていきます。

 

この記事をシェアする