ニュース

2017.03.23
U-18

【U-18】2016年度京都サンガF.C.U-18卒団式

3月11日(土)に2016年度京都サンガF.C.U-18卒団式を選手寮RYOUMAで行い、スカラーアスリートプロジェクト9期生10名が卒団を迎えました。


下級生を代表し、2017シーズンの主将を務めるGK若原智哉選手は、先輩の背中からいろいろ学んできたと感謝の言葉をのべ、「これからも夢に向かって頑張ってください」とエールを送りました。


前主将・田中康介選手の卒団生を代表した挨拶では「自信を持て、でも過信は持つな」と、プレミアリーグEASTを戦う後輩たちへ厳しくも温かいエールが送られると同時に、3年間を共に戦ってきた同級生への感謝の言葉がありました。また、3月11日という日に卒団を迎えられたということ、大好きなサッカーができていること、そして今生きていることに感謝して、これからも精進していきたいと話してくれました。


サンガU-18での3年間、それぞれにいろいろな想いがあったと思いますが、みんなの挑戦はまだまだここからです。トップチームに昇格する選手、大学へ進学する選手、これからも仲間と共に切磋琢磨し合い、努力することを忘れず、「瞬間をプレー」して、自分の道を切り開いてください。
ご家族の皆さま、3年間いつも支えていただき、またクラブへ多大なるご協力をいただき、本当にありがとうございました。


選手のみなさん、卒団おめでとう!

この記事をシェアする