ニュース

2017.01.16
ホームタウン

久世校区「第22回左義長(とんど焼き)」にU-18選手とパーサくんが参加!!

1月15日(日)、U-18の選手達が生活を送っている、選手寮「RYOUMA」が所在する城陽市久世校区で開催された「第22回左義長(とんど焼き)」へ、U-18選手とパーサくんが参加しました!

左義長とは、小正月に行われる火祭りの行事のことで、今年飾った門松や注連飾り、書き初めなどが持ち寄られ、焼きあげられました。

数年に一度の寒波が来ていたこの日の朝は、城陽市内でも前日の夜から降り続いた雪で一面真っ白。それでも地域の皆さまのおかげでイベントは開催され、悪天候にもかかわらず多くの方が訪れていました。

雪が降りしきるなか、左義長を組む竹を運ぶお手伝いをするU-18の選手達。

開会式で踊りを披露した獅子舞の方たちとの一枚。パーサくんの頭にも雪が積もっています。

今年も左義長にはしっかり火が着きました!

左義長点火の後はU-18を代表して1年生の上月壮一郎選手が初キックを行いました。

キックターゲットのコーナーでは2年生の財前淳選手が子どもにアドバイスを送っています。

様々な昔遊びのコーナーがありましたが、パーサくんは輪投げに挑戦。ボランティアで来ていた東城陽中学校の生徒さんがサポートしてくれました。

人気者だったパーサくんも地域の皆さんと交流ができ、本当に楽しい一日となりました。

いつもお世話になっている地域の皆さん、楽しい時間をありがとうございました!これからもどうぞよろしくお願いします!!

この記事をシェアする