ニュース

2015.03.31
ホームタウン

サンガU-15「SPORT FOR TOMORROW 日本・中央アジアU-15サッカー交流大会」で成長!!



京都サンガF.C.U-15は、3月23日(月)~30日(月)J-GREEN堺にて開催された「SPORT FOR TOMORROW 日本・中央アジアU-15サッカー交流大会」に参加し、中央アジア6ヵ国(アフガニスタン、イラン、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン)のU-15代表よびU-15日本代表、JFAアカデミー(福島・熊本宇城)U-15、FC東京U-15深川と交流しました。

交流試合は、10チームを2グループに分け、リーグ戦と順位決定戦が行われました。グループBに入った京都サンガF.C.U-15は、U-15ウズベキスタン代表、U-15アフガニスタン代表、U-15イラン代表、U-15日本代表と対戦。ウズベキスタンに●0-1、アフガニスタンに△1-1、イランに○2-1、U-15日本代表に●0-2の、1勝1分2敗でグループリーグ3位に入り、ファイナルステージで5・6位決定戦に出場。5・6位決定戦では、JFAアカデミーU-15に1-2で敗れ、6位で今大会を終えました。
大会1位となったのはU-15イラン代表。サンガはグループステージでイランと戦い、先制されるものの最後まで堂々とプレーし、2-1で逆転勝利をつかみ、優勝チームを相手に貴重な経験を積むことができました。







岸本浩右監督は「海外の代表チームと試合をさせてもらって、選手たちは試合を重ねるごとに相手の強さや早さに慣れ、その中で自分たちが何をしなければならないのかを学んでいってくれた。国を背負って戦うナショナルチームの"意地"というものを感じることができ、そういうチームと試合をさせてもらって、ありがたい。この大会での経験を次にどう生かしていくか。明日からのトレーニングで表現していってくれたらうれしい」と大会を振り返っていました。

ご声援いただきました皆さま、ありがとうございました。

この記事をシェアする