ニュース

2014.06.22
ホームタウン

躍動するルーキーたち!

6月21日(土)に行われたJ2第19節・熊本戦では、磐瀬選手と田村選手の2人が揃ってJリーグデビューを飾りました!



2人ともデビュー戦とは思えない落ち着いた、そしてチャレンジ精神あふれるプレーを見せ、森下監督代行のもとでつかんだ初勝利に大きく貢献しました。

雨が降り続く難しいピッチコンディションでしたが、磐瀬選手はサイドバックとして対人の強さだけでなく、積極的に前線へ駆け上がる攻撃的な姿勢を見せ、田村選手も前線で大黒選手や山瀬選手とのコンビネーションから何度も攻撃に絡み、持ち味のドリブル突破から大黒選手の同点弾をアシストする活躍を見せました! 

また、この日、出場機会はありませんでしたが、前節千葉戦に続き、石田選手が2試合続けてメンバー入り。Jリーグデビューが近づいていることを予感させます。

試合を終えて、田村選手は「僕がアシストしたシーンもそうですけど、オグリさんの得点に絡む動き、得点感覚はやっぱりすごい!裏への抜け出しもそうですし、見習わないといけない部分はたくさんあると改めて感じました。あと、ピッチの外から見ているだけでは分からなかったんですけど、(オグリさんは)ものすごくピッチのなかで仲間に声をかけている。自分のプレーをしっかりしたうえでチームの雰囲気も上げることができる、そういう部分も公式戦のピッチでプレーしてこそ新たに感じることができました」と充実した表情でデビュー戦での収穫を語ってくれました。



今後のルーキートリオの活躍からもますます目が離せません!!

そんなルーキートリオの活躍が西京極で見れるかもしれない次回ホームゲーム・岡山戦(6/28)では、試合前に京都銀行Presents 20th Anniversary LEGEND MATCHとして、朴智星氏をはじめとしたサンガのレジェンドたちが大集結します。当日(岡山戦)の観戦チケットをお持ちの方であれば、どなたでもご観戦いただけますので、ぜひとも西京極で熱いご声援を宜しくお願いします!(チケットのお求めは>>>こちら


この記事をシェアする