ニュース

2013.12.05
ホームタウン

国立決戦3日前

J1昇格プレーオフ決勝・徳島ヴォルティス戦まであと3日に迫った5日(木)、チームはこの日もリーグ戦、そしてプレーオフ準決勝からのリズムを保ち、平常心でいつも通りのメニューに約2時間汗を流しました。 


(いつもと変わらない練習風景。そんななかにも程よい緊張感が漂っています)

今週に入り、見学や取材に訪れるサポーターやメディアの皆さんの人数も多くなり、期待度、そして注目度の高さをヒシヒシと感じます。 


(決勝へ向け、ミニゲームに汗を流す山瀬選手。若手選手に積極的に声をかける姿も見られました)


(ミニゲームで調整する福村選手、染谷選手、児玉選手、横谷選手)


(長崎戦で公式戦復帰した酒井選手とチームNo.1スコアラーの原選手)


(変わらず精力的な動きを見せる倉貫選手。決勝の相手が古巣・徳島に決まり、自然と気持ちも高ぶる)


(負傷で別メニュー調整が続いていた我らがキャプテン・安藤選手も4日から一部全体練習に合流) 


(三平選手もカメラを見つけてこの表情。決戦前ですが、しっかりとリラックスできている様子です)

練習後、大木監督は決勝への意気込みを問われ、「3年間の集大成というよりも我々は1年1年勝負している。とにかくJ1にあがることしか考えていませんし、サンガを支えてくださっているすべての皆さんもそれを期待していると思います。ぜひ勝って、来年J1で一緒に戦うことができればと思います」と力強くコメントしました。 

明日、明後日と最終調整を行い、選手たちは決戦の地へ向います!

12/8(日)2013J1昇格プレーオフ決勝 徳島戦 チケット情報 
チケットのご購入は >>>こちら

サンガの昇格への軌跡を見逃すな!! 
2013J1昇格プレーオフ特設ページは >>>こちら

京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイトでは、選手の独占インタビューを続々公開予定!!
オフィシャル携帯サイトへのアクセス方法は>>>こちら

この記事をシェアする