ニュース

2012.07.19
ホームタウン

久保選手&杉本選手が合流!

京都市内の中心部では夏の風物詩・祇園祭の山鉾巡業が行われ、17日には近畿地方も梅雨明け宣言されるなど、夏まっさかりといったところです。

サンガタウンでも連日暑い日が続いていますが、練習再開となった18日(水)9:30からの練習時には、温度計をみるとなんと36.9℃。選手たちも温度計が壊れているんじゃないかと疑うほどの暑さのなか、午前午後と2部練習(9:30/16:00)が行われました。

   

先日までU-19日本代表としてインドネシアに遠征していた久保裕也選手と杉本大地選手もこの日から合流。前日17日に帰国したばかりですが、2人とも軽快に全体メニューを消化しました。

杉本選手
「初戦にフル出場して、無失点に抑えることはできたんですけど、まだまだ味方ともっと連携をとって、自分らしいプレーを出していかないと。自分の力を出し切れていない悔しさみたいなものを感じているので、ここで(サンガで)しっかり出していきたい」

全体練習後には駒井選手と原川選手が居残りでシュート練習を行い、精度の向上に努めていました。

 
(全体練習終了後、居残りでシュート練習に励む、駒井選手と原川選手)  

この記事をシェアする