ニュース

2011.09.23
ホームタウン

負けられない戦い

今年から大会方式を変更し、全国各地で熱戦が繰り広げられているU-18年代の「高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ」ですが、本日9月23日(金・祝)、東城陽グラウンドでウエストリーグの第13節となるサンフレッチェ広島F.Cユースとの試合が行われました。 



リーグの優勝チームに与えられるチャンピオンシップの出場権を得るためには絶対に負けられない首位・広島との戦い、さらにこの日は祝日ということもあり、選手たちの親御様をはじめ、多くのサポーターの皆様が応援に駆け付けて下さいました!

開始早々から激しい攻防が繰り広げられる中、先制したのは広島。ディフェンスラインの一瞬のスキをつかれ、ヘディングシュートで1点を献上すると、その後も広島にペースを握られる時間帯が続きます。



(この日も攻守における存在感が目立った原川選手)




(WESTで得点ランキングトップに立つ三根選手)


しかし、トップチームに2種登録され、U-18日本代表にも選出されているGK杉本大地選手やキャプテンのDF高橋祐治選手を中心に守備陣が最後のところで体をはり、追加点を許さずに前半を終了。
 
後半に向けて、ハーフタイムに本田監督から「この状況は自分たちが試されているんだ!さらに強い気持ちを持って後半もいくぞ!」とカツを入れられた選手たちは、立ち上がりからアグレッシブに前からボールを奪いにいき、気持ちを見せます。そして実を結んだのが後半13分、原川力選手のコーナーキックに高橋選手が混戦から右足で合わせ同点に追いつきます。さらに後半17分には後半から投入された森口亮選手が國領一平選手の左足クロスを右足で豪快なシュートを決め逆転。さらにアディショナルタイムには後半32分から投入された佐藤光恭選手がカウンターから相手GKとの1対1を冷静にかわし、追加点を決めました。 




(的確なセービングと指示でゴールに鍵をかける杉本選手)




(ディフェンス陣をコントロールした高橋選手)




(佐藤選手のダメ押し弾に喜び合う選手たち)






(サポーターと勝利をわかちあう選手たち)


結果、首位広島相手に見事3-1で逆転勝利し、リーグ優勝へ向けてあきらめない、気持ちのこもった戦いを見せてくれました! 

4月10日に幕をあけた本大会ですが、サンガはここまで13試合を終えて、8勝4分1敗の2位。残り5試合で首位広島をとらえるためにはこの先も負けられない緊張感のある戦いが続きます。 次節はアウェイ・島根での立正大湘南戦、東城陽では10月9日にアビスパ福岡との一戦が控えています。
ぜひトップチーム同様、U-18チームへも熱いご声援をよろしくお願いします。 

※大会概要の詳細、順位表などは大会特設サイト「高円宮杯U-18サッカーリーグ2011」をご覧ください。

この記事をシェアする