ニュース

2016.09.20
スクール

舞鶴少年サッカークラブpresents京都サンガF.C.サッカー教室

舞鶴少年サッカークラブ30周年記念事業として、舞鶴少年サッカークラブの4~6年生・中学生を対象としたサッカー教室が、舞鶴文化公園体育館アリーナにて開催され、村上コーチ、加藤コーチ、中山コーチ、山本コーチ、村上博紀コーチが指導に行ってきました。

4~6年生のサッカー教室は、最初にミニゲームをしました。
チームは自分たちで考えます。始めはなかなかチームを組めず、試合ができない子たちもいましたが、徐々に声をかけ合いいろんなお友だちと試合ができるようになりました。
2つのゴールがあるゲームでは、状況を見てどちらのゴールの方が決めやすいか自分で判断をしなければなりません。
このようなトレーニングを通して、自分で考える大切さに気付いたお友だちがたくさんいたのではないでしょうか。

中学生は、ボールが2つのボール回しや、2対1のトレーニングを行いました。
苦戦している子どもたちに、もっと周りと相手をよく観て判断すること、そして相手をだますために身体や目線を使ってフェイントをかけるようにと、コーチからアドバイスがありました。
みんなとても積極的にプレーしてくれて、少しでも上手くなりたいという気持ちが伝わってきました。

これからも今日学んだことを忘れずに、レベルアップ目指して大好きなサッカーを楽しんでくださいね!

ご参加いただいた皆さま、ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

■日時:2016年9月18日(日) 9:00~12:30
■場所:舞鶴文化公園体育館 アリーナ
■主催:舞鶴少年サッカークラブ
  協力:翔舞の会(保護者会)

試合をするために、自分たちでどうチームを組めば良いか一生懸命考えています。
真剣勝負の中にも、たくさんの笑顔を見ることができました。
ボールにタッチされないように逃げ切ります!
コーンにさわっていない子を鬼がつかまえます。頭を使った鬼ごっこにみんな大盛り上がりでした♪
試合では、相手を良く観てパスかドリブルの判断ができたかな?
4~6年生のみなさん☆集合写真
中学生のみなさん☆集合写真

この記事をシェアする