ニュース

2015.11.12
スクール

【イベントレポート】「平成27年 第39回京都府ママさんバレーボール連盟 秋季リーグ戦」閉会式

11月3日(火・祝)、「京都サンガF.C. CUP 平成27年 第39回京都府ママさんバレーボール連盟 秋季リーグ戦」の閉会式に、中村営業統括と育成・普及部の加藤コーチが出席してきました。

北部地区と南部地区合わせて全92チームの頂点を目指し、1か月間にわたり繰り広げられた大会もいよいよ最終日の決勝トーナメント。今年も得点の拮抗した緊迫した試合や、フルセットまで続く白熱した試合が繰り広げられていました。
トーナメント進出チームの中には、母と娘が一緒にピッチに立っているチームや、監督の娘2名・姪っ子1名が選手所属するチームもありました。また、旦那さまやお子さん、ご両親などご家族の応援も多くありました。例年以上に、「家族」みんなでバレーを楽しむ様子、ママさん選手たちを支える「家族」の存在を目の当たりにし、スポーツがみなさんの生活の一部としてあることを実感できる大会となりました。

京都サンガF.C.では、Jリーグが掲げる「百年構想」を基にした地域密着をスローガンに、ホームタウン京都を中心にスポーツ文化が地域に根付いていくよう、日々様々な活動を行っており、子どもから年配の方まで幅広く様々なスポーツに親しんでもらえるような環境を作ることで、皆様の健康や子ども達の健全な育成に少しでも寄与できるよう、努めております。

■日程:2014年11月3日(火・祝)
■場所:京都府立伏見港公園総合体育館
■主催:京都府ママさんバレーボール連盟
■共催:(社)日本プロサッカーリーグ (株)京都パープルサンガ
■後援:京都新聞社

☆詳しい大会結果はコチラ「京都府ママさんバレーボール連盟HP」
http://www.kyoto-va.org/mama3va/



たくさんの観客に見守られ、コートでは日ごろの練習成果を思う存分発揮されていました。


A組決勝戦は、羽束師(白)と梅津VBC(紺)。

強烈なスパイクには、ブロックで応戦!長いラリーが続きました。


中村取締役より優勝カップを授与。


Aグループ優勝チーム「羽束師」。地元開催ということもあり、大勢の応援がありました。



Bグループ優勝チーム「MSC」。お子さんの声援も力強かったです。

この記事をシェアする