ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


明治安田生命 J2リーグ 第37節 vs ロアッソ熊本
2017.10.14(土) 15:03 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 ロアッソ熊本
京都サンガF.C. 2 1 前半 1 1 ロアッソ熊本
1 後半 0









石櫃 洋祐[38分]
田中 マルクス闘莉王[71分]
得点者 [22分]オウンゴール
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
清水 圭介 21 GK スターティング
メンバー
GK 1 畑 実
田中 マルクス闘莉王 4 DF DF 23 小谷 祐喜
染谷 悠太 15 DF DF 22 上原 拓郎
内田 恭兵 24 DF DF 5 植田 龍仁朗
石櫃 洋祐 30 DF MF 2 黒木 晃平
吉野 恭平 5 MF MF 38 上村 周平
田村 亮介 7 MF MF 20 上里 一将
ハ ソンミン 8 MF MF 13 三鬼 海
望月 嶺臣 18 MF MF 7 片山 奨典
小屋松 知哉 22 MF FW 39 嶋田 慎太郎
イ ヨンジェ 16 FW FW 11 グスタボ
菅野 孝憲 1 GK 控え選手 GK 30 佐藤 昭大
湯澤 聖人 2 DF DF 37 ジュニオール
下畠 翔吾 26 DF MF 14 田中 達也
土屋 征夫 41 DF MF 24 木村 祐志
伊東 俊 20 MF MF 27 中山 雄登
ケヴィン オリス 9 FW FW 9 安 柄俊
大黒 将志 31 FW FW 36 巻 誠一郎
OUT IN 交代選手 IN OUT
イ ヨンジェ 大黒 将志 63 72 中山 雄登 上村 周平
田村 亮介 伊東 俊 63 77 田中 達也 片山 奨典
田中 マルクス闘莉王 ケヴィン オリス 89 80 安 柄俊 グスタボ
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
9 6 15 シュート 6 5 1
4 2 6 CK 0 0 0
5 4 9 直接FK 8 3 5
0 1 1 間接FK 0 0 0
0 1 1 オフサイド 0 0 0
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
7,483人 曇/無風
23.4℃
58%
全面良芝/乾燥
90分
主審 副審 副審
廣瀬 格
八木 あかね
越智 新次
ハーフタイムコメント
布部陽功 監督
・サイドを崩して、クロスからゴールを決めよう
・サイドの守備、より集中していこう
・勝点3をとろう!
池谷友良 監督
・セカンドボールをもっと意識しよう
・マイボールになったら、慌てず動かしていこう
・相手にしっかり身体を当てていこう、耐えるところは我慢強く!
試合終了後コメント
布部陽功 監督
この天候の中、たくさんのファン・サポーターの方々に来ていただいて、勝利もできて本当に良かったと思います。チームで3連勝を目指し、それを達成できた。勝ち続けるという意味で、良かったと思います。闘莉王の100ゴールもおめでとうと言いたいですし、改めて土屋の子どもが産まれたということで、みんながゆりかごダンスをして、チームが凄くまとまった姿を見せてくれたのも良かったと思います。今の我々の順位も考えて、チームのために戦うんだっていう気持ちが、試合で出たと思います。試合内容は、前半入りは良かったと思って見ていました。相手の熊本さんの守備はオーガナイズされていて、なかなかスペースを見つけにくかった部分もありましたが、今週練習してきたサイドのスペースの取り方、相手の動かし方というところが、徐々に出来始めて、前半何度か崩せたシーンがあった。田村であったり、左の小屋松がチャンスを作ってくれて、最後仕留めるところまで来ていたんですけど、なかなか決めきれなかったのが、前半の一つの反省だったと思います。オウンゴールがあって、仕方のないシーンだったんですけど、その前に自らのファールをなくさなければいけない。ああいう、ちょっとしたところをもっと良くしていかなければいけないと考えています。ハーフタイムでは、そのまま継続して戦おうと送り出しました。前半に同点に追いついて、後半も行けるというところで、後半も徐々に押し込んでやれたと思います。闘莉王のゴールも交代で入った大黒と、伊東の流れを変えてくれたところから出たと思いますし、後半盛り返せたのも、今日の勝ちに繋がったのかなと思います。まだまだ修正がたくさんある中で、勝ち続けなければいけないですし、一つずつ順位を上げていきたいと思います。

Q.交代2枚の狙いについて。
A.守備のところで、足が止まってきた、連動性がちょっとなくなってきたというところがひとつ。前半同点に追いついて、後半更に仕掛けたいというところで、ちょっと行き詰り、勢いが止まったので、1枚ではなく2枚にしました。大黒と伊東も調子が良く、流れを変えてくれるだろうということで送り出しました。

Q.Jリーグ通算100ゴールを決めた闘莉王選手の役割、存在感について。
A.まずはリーダーシップが取れる。ゲーム中に同時進行で、流れを変えられる。ゴールを決めるというところもそうですし、守備もできる。攻守においてチームを引っ張れるという意味で、彼の存在は大きいと思います。結果を出しているというところが大きいです。

Q.試合後は闘莉王選手と言葉を交わしたのか。
A.100ゴールおめでとうという言葉をかけた。ありがとうございますと言っていました。
池谷友良 監督
予想していた展開だった。立ち上がりしのいでいったら、自分達の時間が来るかなという中で、先制できてしのげた。後半、自分達の時間が作れるようになった展開だったと思うが、最後、警戒していた闘莉王選手にやられた。個の中で行くと、あの滞空時間とあのヘディングは防ぎようがなかった。そこはなかなか難しい状況だったと思います。前半からあったんですけど、負けててもしっかり体で預けたり、かなり対応してくれたので、最後の一発は大きかったと思います。一番の要因は、決定機で取れなかったというところだと思います。

田中 マルクス闘莉王選手
田中 マルクス闘莉王
(決勝点がJ通算100ゴールでしたが)そんなこと、気にしたことがないですよ。一応、DFですからね。今でも気持ちはDFだし、前線からディフェンスを頑張っているだけです。今日も2-0で勝てていれば一番嬉しかった。自分が(オウンゴールを)決めていなければね。どうにか後ろを楽にしようとしているし、周りがおいしいところを取ってくれればいいと思っています。(守備でプレスが)はまらないこともあるので、そこをどうしていくかを考えています。今日も後半に危ない場面がたくさんあったし、そこを修正しないといけない。失点ゼロで抑えれば勝てる試合は多くなるし、いつも1失点くらいで抑えてくれれば、俺たちが1点、2点は取れるようにしていく。それがなかなか上手くいかなかったし、後ろの選手だけの責任じゃない。今日の失点は自分の前でボールが当たって変な回転がかかってしまって、ボールが見えたときには自分の足先に当たっていた。それに後ろにも相手選手がいたのも見えたので、流すにも流せない状況だったと思います。足のステップを合わさなきゃいけなかったなと感じています。チームとしての守備は良くなっているけれど、まだまだです。今日も千葉戦も決定的な場面を作られている。打ち合いで勝てるチームではないので、もっと良くしないといけない。

清水 圭介選手
清水 圭介
前半はチャンスも何度か作れていた中で先に失点して、苦しい展開になるかなと思ったけれど、前半のうちに追いつけました。ここ最近の試合のようにみんながハードワークしてくれているおかげで、なんとか逆転勝利できてよかったです。(守備で裏を突かれる場面があったが)おそらく相手もあそこ(中央)へボールを入れてターンすれば裏を狙える、というパターンができていたと思います。ボールを簡単に入れられたことで、ああいう展開になってしまいました。終わってからもトゥーさん(田中マルクス闘莉王)やソメくん(染谷悠太)とも話していましたが、しっかりボールへ行けていないから中へ入れられて、そこからDFの裏を使われていました。気をつけたいです。(清水選手の守備範囲の広さも発揮されましたが)裏のスペースのカバーはある程度みんながコースを限定してくれていたので、自分も狙いどころをつけることができています。前線からのチェイシングのおかげですね。(後半立ち上がりのピンチでも好守があったが)オフサイドかなとも思ったけれど、止まらずにボールへアタックして身体に当てることができました。あそこでやられていたら苦しい展開になっていたので、防げてよかったです。

石櫃 洋祐選手
石櫃 洋祐
同点ゴールは打ったら入った、という感じです。僕は得点を取るタイプではないし、チームが勝つためにやっているので(今季初得点が)遅いとか早いとかは関係ない。今年初めて得点できたことはよかったです。前半は失点シーン以外にほとんど崩されていなかったので、慌てずに戦えていたと思います。(不運な面もあったオウンゴールでしたが)俺たちは勝つためにやっているし、みんなで助け合っています。(闘莉王選手へのアシストについて)この前の試合ではタイミングがあわないことが何度かありました。ちゃんと蹴れば決めてくれる。今日も最初は少し引っかかっていたので、引っかからないように、そして中のトゥーさん(田中マルクス闘莉王)の動きを見て、タイミングがあえば1点だと思っていました。(これで今季初の3連勝ですが)もっとチームに勝ち癖をつけられるようにしたい。みんなで助け合えば絶対に勝てると思っているので、これを続けていきたいです。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ