ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


明治安田生命 J2リーグ 第34節 vs 湘南ベルマーレ
2017.9.23(土) 15:03 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 湘南ベルマーレ
京都サンガF.C. 0 0 前半 0 0 湘南ベルマーレ
0 後半 0









得点者
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
清水 圭介 21 GK スターティング
メンバー
GK 1 秋元 陽太
田中 マルクス闘莉王 4 DF DF 13 山根 視来
本多 勇喜 6 DF DF 4 アンドレ バイア
染谷 悠太 15 DF DF 30 島村 毅
石櫃 洋祐 30 DF MF 36 岡本 拓也
吉野 恭平 5 MF MF 6 石川 俊輝
ハ ソンミン 8 MF MF 5 秋野 央樹
仙頭 啓矢 14 MF MF 29 杉岡 大暉
エスクデロ 競飛王 10 FW FW 15 野田 隆之介
岩崎 悠人 13 FW FW 9 ジネイ
イ ヨンジェ 16 FW FW 8 山田 直輝
菅野 孝憲 1 GK 控え選手 GK 25 タンドウ ベラピ
下畠 翔吾 26 DF DF 3 岡崎 亮平
土屋 征夫 41 DF DF 20 坪井 慶介
田村 亮介 7 MF DF 28 石原 広教
小屋松 知哉 22 MF MF 7 神谷 優太
ケヴィン オリス 9 FW MF 16 齊藤 未月
大黒 将志 31 FW FW 10 ドラガン ムルジャ
OUT IN 交代選手 IN OUT
仙頭 啓矢 小屋松 知哉 60 61 ドラガン ムルジャ 野田 隆之介
イ ヨンジェ 大黒 将志 71 70 石原 広教 岡本 拓也
82 齊藤 未月 山田 直輝
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
3 10 13 シュート 3 1 2
0 3 3 CK 4 1 3
6 7 13 直接FK 9 3 6
1 2 3 間接FK 2 0 1
1 2 3 オフサイド 1 0 1
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
6,513人 晴/弱風
28.4℃
50%
良芝/乾燥
90分
主審 副審 副審
福島 孝一郎
中井 恒
武田 光晴
ハーフタイムコメント
布部陽功 監督
・必ずゴールをとって勝点3を取ろう!
・守備は集中して続けていくこと、リスタートに注意しよう
゙ 貴裁 監督
・サイトにボールが入った時のサポートをしっかりすること
・クロスへの入り方を工夫すること
・相手のロングボールへの対応はマークを明確にしよう
試合終了後コメント
布部陽功 監督
全力で勝ちにいった中で、サポーターの方に勝利を見せられなかったのは残念でした。最後まで攻める姿勢は崩さずに戦ったのですが、1点が遠かったです。前半は、我慢強く戦おうと考えていました。攻めるけど、バランスは崩さずにやろうと伝えていました。流れは悪くなかったですし、チャンスも何度かありました。ただ決めきれなかったところが、我々の今の現状かなと思います。
ハーフタイムは、守備の所で少しルーズになっていたのと、コンパクトさも足りていなかったので、そこを確認して送り出しました。良い守備から良い攻撃を目指していましたが、後半はそれが実践されて流れも良かったと思います。ただ湘南さんも、本当に体を張った守備をしていたので、なかなか最後まで崩すことができませんでした。さすが首位を走っているチームだなと思いました。
今日のゲームは(前節が)台風になって少し期間が空きましたが、選手たちは練習の時から気迫のあるプレーを見せてくれましたし、これを続けていくことが今後は大事になってくると思います。

Q.吉野選手がDFラインに入りましたが、その狙いを教えてください。
A.彼は守備のところでアグレッシブにいきますし、ボール奪取能力は非常に高いものがあります。そしてラインコントロールもできますので、DFラインを下げずに保ってくれる役割も期待して起用しました。攻撃面に関しても、ずっとボランチをやっていたので貢献できると考えました。今日のプレーはとても良かったと思います。

Q.GKの清水選手が今シーズン初スタメンでしたが、その狙いを教えてください。
A.GKはずっと菅野がチームの中心として引っ張ってくれていたんですが、清水は試合に出られない時でもチームに貢献しようとしてくれましたし、コンディションも常に保っていました。彼はビルドアップが得意ですので、今回は特に不安もなく清水を起用しました。試合では安定したプレーと、落ち着いたビルドアップを見せてくれました。

Q.多くのチャンスを迎えながら、勝ちきれませんでした。監督はどのような印象を持っていますか。
A.それがまさに今の京都の現状です。数多くのチャンスを作りながら決めきれないというのが、今の順位を表していると思います。そんな中でも攻撃に至る過程は、ロングボールだけでなく、ビルドアップからの攻撃もありましたし、良い攻撃を作り出せてはいるという実感を得ることはできました。あとは本当にもうひと工夫だけだと思います。それは練習しかないので、しっかりとやっていきたいと思います。逆に今日は(失点を)ゼロで抑えたのは非常に良かったです。ボールを失わなければ自分たちは守備をしなくて良いんだということを、選手達も感じられたのではないかと思います。今日の試合を経験したことで、練習でやってきたことは正しかったと思いましたし、首位のチームが相手でも怯むことなく戦えば十分に勝機があるということが分かりました。
゙貴裁 監督
今日は始まる前から、9試合負けなしの我々と、7試合勝ちがない京都さんの、その数字だけを見て我々が有利だと言われていました。しかし、この試合は間違いなく厳しい試合になるだろうと思っていました。もちろん京都さんも我々に対しての対策を十分に練ってくるだろうと予想はしていましたが、その予想を上回る非常にシンプルなプレーを展開してきたので、非常にタフな試合になりました。その中でも、前半は良い流れでチャンスを迎える場面もありましたが、少し難しいプレーを選択して、強引にシュートを打ってしまったり、ワンタッチでパスを出せば良いのにキープして取られたりと、そういうプレーが見受けられました。勝点0でも仕方のないゲームだったと思います。今日の朝に、(テレビで)ドイツのバイエルン対ヴォルフスブルクを見たのですが、下位のヴォルフスブルクが首位のバイエルン相手に2点のリードを許しながらも、追いついてドローに持ち込んでいました。そのゲームを見ていたので、今日は順位の差などが足かせになってしまうかもしれないと予感していました。しかし選手たちは良くやってくれたと思いますし、我々は今後も今日のゲームのようにしぶとく戦って勝点を得ていきたいと考えています。次の2試合はホームゲームですので、今日の良かったところと悪かった部分に向き合って、また準備していきたいと思います。

田中 マルクス闘莉王選手
田中 マルクス闘莉王
ちょっとしたことなんですけれど、この順位にいるということには理由がある。小さな差だけど、その小さな差を埋めるのが難しい。湘南さんのようなチームと戦ってもこれくらいの試合ができるんだ、ということをベースにしないといけません。自分たちがたくさんチャンスを作れて、逆にピンチは少ない。勝つ可能性の高い試合を数多く作らないといけない。今日は僕がチャンスを決めていれば勝てた試合だったけれど、シュートが入らなくて申し訳なかったです。(シュート以外の場面で精力的に動いていたが)守備で頑張って、(攻撃で)ボールを収めて、チャンスに絡むということをもっともっとやらないといけない。それが自分の役割なんでね。今日は失点ゼロで抑えられた、それを続けてやっていきたいです。自分のゴールよりも、とにかく勝ちたい。「また見に来たいな」と思ってもらえるような試合を数多く作りたいです。

イ ヨンジェ選手
イ ヨンジェ
なかなか勝てていない状況で久々に(先発で)試合に出たんですが、自分のやれることをしっかりやって勝ちたいという気持ちでピッチに入りました。勝てなかったことは残念ですが、悪くはなかったです。自分が裏へ抜け出すことで相手のバランスも崩れるし、守備面ではハードワークして前で戦うことで、後ろの選手の守備の負担を減らすことを意識してプレーしました。そこはできたんじゃないかと思います。湘南はコンパクトで組織的にすごく堅いチームでしたが、チャンスはたくさん作れました。あとはそこを決めるところです。チャンスを作る過程はある程度できたんですが、試合後に監督が話していたように最後に決めきるところの質はもっと上げないといけないし、そこは自分も実感しています。

清水 圭介選手
清水 圭介
チャンスもあって勝ちたかったけれど、守備陣としては無失点で終えられたことはよかったのかなと思います。一人ひとりがさぼらずに走っていましたし、球際もすごく戦っていた。僕の仕事は少なかったです。フィールドの選手には感謝しています。僕自身は緊張するだろうからシンプルにプレーすることを心がけました。グラウンドの状況も悪かったので、練習ではつないでいこうという話もあったけれど、(試合前には)監督もトゥーさん(田中マルクス闘莉王)も「シンプルにやっていこう」ということで、無理なら前線の選手を見ながらプレーしました。(シュートストップは少なかったが、飛び出しなどで守った場面もあったが)ボールへのプレッシャーもかかっていたし、相手の狙いどころもわかっていたので自然と対応できました。(引き分けは残念だが、首位・湘南を相手にこの試合内容ができたことは今後へつながるのでは?)チームとしても一人ひとりがいい気持ちの持ちようで、全員が最後まで走り続けてくれました。残りの試合もサボることなく走り続けることができればチャンスも多く作れると思います。とにかく次は勝ちたいです。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ