ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


明治安田生命 J2リーグ 第31節 vs レノファ山口FC
2017.9.2(土) 18:03 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 レノファ山口FC
京都サンガF.C. 1 0 前半 2 2 レノファ山口FC
1 後半 0









岩崎 悠人[73分]
得点者 [3分]渡辺 広大
[45+1分]小塚 和季
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
菅野 孝憲 1 GK スターティング
メンバー
GK 42 吉満 大介
田中 マルクス闘莉王 4 DF DF 2 宮城 雅史
本多 勇喜 6 DF DF 3 渡辺 広大
下畠 翔吾 26 DF DF 4 福元 洋平
石櫃 洋祐 30 DF DF 6 前 貴之
土屋 征夫 41 DF DF 19 星 雄次
吉野 恭平 5 MF DF 30 アベル ルシアッティ
仙頭 啓矢 14 MF MF 29 三幸 秀稔
小屋松 知哉 22 MF MF 40 小塚 和季
ケヴィン オリス 9 FW FW 9 岸田 和人
エスクデロ 競飛王 10 FW FW 28 レオナルド ラモス
清水 圭介 21 GK 控え選手 GK 47 平井 直人
染谷 悠太 15 DF MF 8 小野瀬 康介
麻田 将吾 25 DF MF 11 鳥養 祐矢
田村 亮介 7 MF MF 14 高柳 一誠
望月 嶺臣 18 MF MF 17 加藤 大樹
岩崎 悠人 13 FW MF 24 マルセロ ビダル
大黒 将志 31 FW FW 13 米澤 令衣
OUT IN 交代選手 IN OUT
エスクデロ 競飛王 岩崎 悠人 46 80 鳥養 祐矢 前 貴之
吉野 恭平 大黒 将志 59 82 小野瀬 康介 岸田 和人
小屋松 知哉 田村 亮介 84 86 高柳 一誠 小塚 和季
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカード石櫃 洋祐[36分]
イエローカード下畠 翔吾[38分]
イエローカード吉野 恭平[54分]
10 8 18 シュート 9 5 4 [34分]星 雄次イエローカード
[90+1分]三幸 秀稔イエローカード
4 6 10 CK 1 0 1
7 12 19 直接FK 8 5 3
1 2 3 間接FK 1 0 1
1 2 3 オフサイド 1 0 1
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
4,896人 晴/弱風
26℃
51%
全面良芝/乾燥
90分
主審 副審 副審
三上 正一郎
櫻井 大輔
西水流 優一
ハーフタイムコメント
布部陽功 監督
・まず1点とって流れをつかもう
・必ず逆転しよう
カルロス・マジョール 監督
・前線の3人がプレスを頑張っているから、後半も続けよう
・奪ってから、攻めを早くもっていこう
試合終了後コメント
布部陽功 監督
8月はずっと勝てずにいましたが、ファン・サポーターの方はずっと応援してくださいました。その方たちに勝利を届けたかったので、本当に悔しいです。
試合の方は、ピッチコンディション、風、相手の入り方、戦い方を見て、試合を進めていこうと考えていました。前半は、試合への入りが悪くパスの質やクリアの質も悪かったところで、コーナーから決められてしまいました。もう少しシンプルにプレーすべきだったと思います。そこからは、自分たちの流れにできた時間帯もありました。シュートシーンやチャンスも何度かありました。そこで決められなかったのが最後に響いてしまいました。もちろん選手達も外したくて外しているわけではないので、そこはもう少し練習が必要かなと思います。
後半は選手を代えて、少しグラウンダーのボールで攻撃をしていきたいと考えました。低い位置からつなぐようにと伝えました。選手たちはそれをよく表現してくれました。後半の攻撃は良いシーンもたくさんありましたし、あと一歩だったと思います。本当に悔しい試合でした。次、また切り替えて準備していこうと思います。

Q.後半は攻撃陣を多く並べましたが、どのような狙いがあったのでしょうか。
A.結果を出さなければいけなかったので、より早くゴール前までボールを運びたいと思い、攻撃的な布陣にしました。今のチームは高さ、速さだけではなく、他の攻撃オプションもあります。後ろから丁寧につないでいくこともできます。後半はそういったプレーを出せていたと思います。

Q.今日の結果を受けて選手達にはどのような話をしたのでしょうか。
A.こういう結果、順位、状況ですので、これを受け止めていこうと伝えました。

Q.相手のカウンターを受ける回数が多かったと思うのですが、その原因を教えてください。
A.かなり攻撃的な布陣にしていたので、仕方ない部分はありました。攻撃でのチャレンジが増えていたので、そのぶんバランスが崩れてしまったと思います。
カルロス・マジョール 監督
とても厳しい試合でした。しかしその中で、とてもいいタイミングでゴールを決めることができました。前半の立ち上がり、そして前半終了間際と、素晴らしいタイミングでした。後半に関しては、チームとしてとても安定した戦いができたと思いますし、得点のチャンスも何度か作りました。京都はとても強力な攻撃陣を揃えていましたので少し苦しんだところはありますが、今日は勝ちにふさわしいゲームができたと思います。

田中 マルクス闘莉王選手
田中 マルクス闘莉王
決めるところを決めていれば、うちの流れに持ってこれたはずです。2本目のヘディングシュートは入ったと思ったんだけど、自分の力不足もあって負けてしまいました。後半は前から行って多少のチャンスも作れたけれど、そのかわり後ろはスカスカになっていたので相手のチャンスも生まれていた。でも、0-2になれば点を取りにいかないといけない。1点を返せたのはよかったけれど、2点、3点を取って試合をひっくり返すだけの力はまだないんだなと感じています。(後半途中から中盤にポジションを移したが)監督からの指示でトップ下気味でやってくれと言われました。守備のときはケイヤ(仙頭啓矢)と連動して守って、自分たちがボールを持ったときにセンタリングを増やすという意識でやっていました。チャンスを決められないのは、いま自分たちの下に流れがないというのもあると思います。でも、誰も助けてくれない。この流れをもう一度、自分たちのものにするためにも一人ひとりがもう少し出し切らないといけません。残り11試合と考えちゃいけない。そんな何連勝もできるチームではないと思うので、1試合1試合、自分たちの力を把握してやっていくしかないと思います。

仙頭 啓矢選手
仙頭 啓矢
チームは前線のターゲットを狙うサッカーをしていますが、僕が使われるということはリズムを作ることも期待されていると思うので、そこは意識してプレーしました。自分は高さや強さがあるわけではないので、技術で特徴を出していこうとしました。今日はこれまでやってきたポジションでしたし、シュートで終わることを考えていました。チャンスはあったので、そこで決めきりたかったです。そういう中で、イージーミスからの失点が多い。そこをなくしていかないとプロの世界は本当に厳しいです。(後半からはボランチに入りましたが)あのポジションではクサビのパスを入れたり、前線に高い選手がいるのでサイドに展開することを意識しました。チームとして枠内シュートも打ったけれど、相手GKも素晴らしかった。そういうことを踏まえれば、やはりミスがもったいなかったです。試合の入り方も全体としてよくなかったと思います。チームが勝てていない中で試合に出してもらったのに、勝利に貢献できなかったことに責任を感じています。

下畠 翔吾選手
下畠 翔吾
前半の立ち上がりが全てだったと思います。ミスが多くてリズムを崩してしまい、失点シーン以外にもバタついた感じがあって、それを修正するのに少し時間がかかってしまいました。後半のように自分たちのペースでやれていれば、違った試合になったと思います。自分を含めてチャンスをものにできなかったので、こういう試合になってしまったんだと感じています。相手どうこうではなく、ここ数試合は自分たちのミスから自滅しているような戦いが続いています。そこは早急に直さないといけません。(後半はリスクを背負って攻めに出たが)ホームだし、自分たちは勝つしかないので、DFと同じ人数で相手に攻め込まれる場面もあったけれど、そのリスクは承知の上でした。あそこでもう1点、2点を取れなかったのが残念です。(上位との勝点差が開いてしまったが、残り11試合をどう戦っていくのか)プロとして目の前の試合に100%の準備をするのは当然のことです。そうした当たり前のことをしっかりとやっていきたいです。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ