ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


明治安田生命 J2リーグ 第26節 vs ファジアーノ岡山
2017.8.5(土) 19:03 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 ファジアーノ岡山
京都サンガF.C. 1 0 前半 1 1 ファジアーノ岡山
1 後半 0









ケヴィン オリス[90+4分]
得点者 [13分]パク ヒョンジン
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
菅野 孝憲 1 GK スターティング
メンバー
GK 22 一森 純
田中 マルクス闘莉王 4 DF DF 19 片山 瑛一
本多 勇喜 6 DF DF 6 竹田 忠嗣
染谷 悠太 15 DF DF 14 喜山 康平
下畠 翔吾 26 DF MF 2 澤口 雅彦
石櫃 洋祐 30 DF MF 27 塚川 孝輝
吉野 恭平 5 MF MF 16 関戸 健二
小屋松 知哉 22 MF MF 17 パク ヒョンジン
エスクデロ 競飛王 10 FW FW 8 石毛 秀樹
岩崎 悠人 13 FW FW 24 赤嶺 真吾
大黒 将志 31 FW FW 7 伊藤 大介
清水 圭介 21 GK 控え選手 GK 13 櫛引 政敏
内田 恭兵 24 DF DF 3 久木田 紳吾
麻田 将吾 25 DF MF 5 渡邊 一仁
ハ ソンミン 8 MF MF 11 三村 真
仙頭 啓矢 14 MF MF 10 大竹 洋平
ケヴィン オリス 9 FW FW 18 オルシーニ
イ ヨンジェ 16 FW FW 20 藤本 佳希
OUT IN 交代選手 IN OUT
吉野 恭平 ハ ソンミン 57 36 藤本 佳希 赤嶺 真吾
大黒 将志 ケヴィン オリス 61 61 渡邊 一仁 石毛 秀樹
小屋松 知哉 イ ヨンジェ 78 87 久木田 紳吾 伊藤 大介
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカード石櫃 洋祐[23分]
イエローカード吉野 恭平[40分]
3 5 8 シュート 8 5 3
4 4 8 CK 5 2 3
4 10 14 直接FK 10 5 5
1 0 1 間接FK 4 2 2
1 0 1 オフサイド 4 2 2
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
5,544人 曇/無風
28.2℃
61%
全面良芝/水含み
90分
主審 副審 副審
井上 知大
櫻井 大輔
浜本 祐介
ハーフタイムコメント
布部陽功 監督
・シンプルにプレーしていくこと
・ラインを上げてコンパクトに守備をしていこう
長澤徹 監督
・ボールへの集中力を高くして粘り強くプレーする
・攻撃は落ちついてチャンスを狙う
試合終了後コメント
布部陽功 監督
最後まで応援して下さったファン・サポーターの方にお礼を言いたいです。本当に最後まで諦めないという気持ちが、戦った選手、サポーターみんなが一体になった最後のゴールだったと思います。雨に雷でキックオフが遅れました。選手には入りを気を付けようということで、立ち上がりプレーしました。良かったんですけど、やはり少し湿度も上がってラインがあまり押し上がらず、相手のロングボールを簡単に蹴らせてしまい、そこから押し込まれ、フリーキックまで取られた。そこで、失点をしてしまった。自分達で苦しくしてしまった前半だったかなという風に感じています。後半、もう一度ラインを上げてコンパクトにして戦うということで、後は自分たちがやっている高さとスピード、サイドからの攻撃を見直してやろうと後半に入りました。それを献身的にやれた選手とミスが出てなかなかゴール前まで行くことが出来なかったんですけど、後半に入ったケヴィンが最後決めてくれた。ヨンジェもソンミンもそうですけど、後半で入った選手が2試合連続で結果を出してくれたのは、チームにとって好材料だったと思います。高橋が出場停止で代わりに入った染谷、次節また二人が出場停止になるんですけど、自分たちは総力戦で来たので、今日分かった最後まで諦めない姿勢で戦っていきたいと思っています。

Q.大黒選手と闘莉王選手の組み合わせについてとその評価を教えてください。
A.大黒のDFへの背後と、闘莉王の足元でのプレー、ターゲットというところで、相手に的を絞らせたくなかったというのは一つあります。同時に大黒は前節2点取って調子も良いですし、彼を活かすには闘莉王と組むのが一番だと思ってツートップはこの二人にしました。大黒が背後を取ることによって、何度か惜しい場面もありましたし、DFラインを下げて闘莉王がキープできるスペースを与えてほしかった。そういうシーンも出ましたし、僕は凄く良かったという風に感じています。まだまだタイミングとか、出し手がどっちを選ぶかというところで、考えてしまう、素早く出せないシーンもあったので、もう少し時間が欲しいですし、もう少し見たいなと思っています。

Q.失点後のサイドを崩す狙いと修正点について教えてください。
A.相手の5バック、スライドが早かった。本当に堅かったですし、チャンスもなかなか作りづらかった。その中でもあえてサイドを食いつかせて背後を狙うプレーもありました。交代選手もシャドー切って、後ろの選手を入れていく中で、相手も最後守り切る、1-0で終わらせるということに対して、自分達が一点取れた、何度もクロスを上げて押し込めたというのは僕は評価できると感じています。

Q.吉野選手が早めの交代となった理由と代わりに入ったソンミン選手に期待したことを教えてください。
A.変えた理由は、一枚イエローカードをもらっていましたし、次節出場停止ということで、最後疲れたのか少しミスも出たので、ソンミンを投入しました。ソンミンは、うまくボールを受けてボ―ルを散らしたり前への配球も出来ていましたし、セカンドボールも拾えていたので、次に繋がるプレーをしてくれたと思います。
長澤徹 監督
始まる前に選手に言ったんですけど、今日地元岡山で大きな祭りがやっていて、それをおいてでもここに来てくれるサポーターの人たちは本当に全てをファジに捧げてくれる人だから、その人たちのためにしっかり戦い切ろうとみんなで確認して出てきました。最後のところはちょっともったいなかったんですが、やるべきことはしっかりやり切った。ただ、もう一つしっかり上を向いて帰ってもらうためには、まだまだもう一つ最後のところを踏ん張り切る力が必要だなと、今日のゲームで京都さんに教えてもらったと思います。ゲームの方は、好調の京都さんということで、ストライカーが多いチームなので、単発的にどこからでも点が取れる。しっかりと攻撃の力を認めた上で、我々はディフェンスから入った。それとは逆に攻守のちょっとしたアンバランスなところがあるので、しっかりと皆でそこを突いていこうということで、ゲームに入りました。立ち上がりから何回か入れて、試合を通してペナの中から上手く横から入れたりしたんですが、最後のプレーの精度で決まらなかった。フリーキックに入る前もそうなんですけど、上手く割って入ることが出来ていたので、どちらかと言うと後半の最初にあったチャンスも含めて、しっかり仕留め切っていくことが恐らく勝点3を取っていくことに必要なことかなと思っています。とはいえ、まだまだイージーなエラーもあるんですが、それでも戦い続けるのが我々なんで、今日の結果はもったいないと言えばもったいないですが、同じような場面が出るんで、またみんなで一つになって勝点をしっかり積み上げられるように頑張っていきたいと思います。

菅野 孝憲選手
菅野 孝憲
キックオフが1時間遅れるということで試合の入り方は難しくなりましたが、それは相手も同じです。全体的には大きく崩されることなく戦えたのかなと思います。攻撃で自分たちの形があまり作れなかったことは反省すべきですね。攻撃に入るところでミスが多く、自分たちのリズムを作れませんでした。(攻撃を組み立てる段階で)時間をかけすぎて、ターゲットにボールが入ったときにサポートできていない状況というのは課題です。ただ、時間を作れるというところではポジティブな面もあります。(最後の最後で追いついたが)今のサッカーで最低限のことはできたけれど、僕たちは勝たないと先がないので、誰も納得はしていません。絶対に負けちゃいけない相手だったし、ロッカールームでは選手から「(勝てなくて)ショックだった」という声が出ていたけれど、それだけ選手たちのハードルも上がっているということです。当たり前のラインが上がってきているし、いいゲームの受け止め方というか、僕はそういった反応が嬉しかったです。

ケヴィン オリス選手
ケヴィン オリス
試合展開としては難しい状況でした。お互いのチームにミスが多く、チャンスを作りにくかった。今日のうちの2トップの闘莉王やオグリ(大黒)も、いいボールが供給されなければFWとして難しい時間が続いてしまいます。でも残り30分を切ったところで、フィフティーフィフティーの状況のボールが大切になってきます。そうしたボールは何かが起こりうる状況を作り出せるので、その中でなんとか引き分けに持っていけました。勝つことはできませんでしたが、同点ゴールを決めてチームの助けにはなったのかなと思います。今日はベンチスタートでしたが、それは監督が決めることなので何も思っていません。もちろん悔しさはあるけれど、それが無ければ自分はサッカーをやめるだろうし、プロフェッショナルとして当然の気持ちでしょう。だからこそ、自分に与えられた30分という時間の中で自分の全てを証明することが今日は大切でした。

染谷 悠太選手
染谷 悠太
勝てなかったので悔しいです。守備に関しても失点しているので、良かったとは言えない。序盤でDFラインが深かったので、そこはラインを上げてプレッシャーに行けるようにしないといけません。自陣のゴールに近くなると失点のリスクも高くなるし、ラインコントロールのこまめさは欠けていたのかなと感じています。相手の(ロングボールに対して)シャドーが2列目から出てくるので、そこへの対応や、シャドーに出てこなかったときにどうするのかなどが良くなかった。反省点です。(後半は敵陣に押し込む時間が増えたが?)点を取らないといけない状況だったし、相手のシャドーがあまり出てこなくなったので明確になったところもあります。(空中戦でよく跳ね返していたが?)そこもチームとしても明確になってきていますが、クロスをあげられている状況というのは相手の狙いなので、そうさせない為の対応をしっかりと意識していきたい。(終了間際でつかみとった勝点1について)もちろん勝点3を取るに越したことはないんだけど、これが後々に生きていくように試合を重ねていきたい。つまり次の試合に勝つことで、今日の勝点1の意味も増してくるはずです。その為に、明日からまたいい準備をしていきます。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ