ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


NEXT
HOME
GAME

J2 第35節

9/30(土)

15:00 @西京極

vs ジェフユナイテッド千葉

明治安田生命 J2リーグ 第24節 vs 名古屋グランパス
2017.7.22(土) 18:03 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 名古屋グランパス
京都サンガF.C. 3 2 前半 1 1 名古屋グランパス
1 後半 0









田中 マルクス闘莉王[11分]
小屋松 知哉[36分]
田中 マルクス闘莉王[63分]
得点者 [34分]ガブリエル シャビエル
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
菅野 孝憲 1 GK スターティング
メンバー
GK 18 渋谷 飛翔
高橋 祐治 3 DF DF 15 宮原 和也
田中 マルクス闘莉王 4 DF DF 3 櫛引 一紀
本多 勇喜 6 DF DF 17 小林 裕紀
下畠 翔吾 26 DF DF 29 和泉 竜司
石櫃 洋祐 30 DF MF 44 ガブリエル シャビエル
吉野 恭平 5 MF MF 7 田口 泰士
小屋松 知哉 22 MF MF 8 ワシントン
ケヴィン オリス 9 FW MF 23 青木 亮太
エスクデロ 競飛王 10 FW FW 27 杉森 考起
岩崎 悠人 13 FW FW 19 押谷 祐樹
清水 圭介 21 GK 控え選手 GK 1 楢崎 正剛
湯澤 聖人 2 DF DF 36 酒井 隆介
牟田 雄祐 17 DF FW 9 シモビッチ
ハ ソンミン 8 MF FW 11 佐藤 寿人
望月 嶺臣 18 MF FW 25 杉本 竜士
イ ヨンジェ 16 FW FW 28 玉田 圭司
大黒 将志 31 FW FW 46 大垣 勇樹
OUT IN 交代選手 IN OUT
エスクデロ 競飛王 ハ ソンミン 77 46 シモビッチ 杉森 考起
ケヴィン オリス イ ヨンジェ 82 70 玉田 圭司 青木 亮太
小屋松 知哉 大黒 将志 90+2 79 杉本 竜士 櫛引 一紀
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカードエスクデロ 競飛王[50分]
イエローカード本多 勇喜[60分]
6 4 10 シュート 6 3 3 [19分]押谷 祐樹イエローカード
4 3 7 CK 9 3 6
6 7 13 直接FK 15 10 5
0 3 3 間接FK 0 0 0
0 3 3 オフサイド 0 0 0
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
10,750人 曇/弱風
30.9℃
45%
全面良芝/水含み
90分
主審 副審 副審
村上 伸次
今岡 洋二
松井 健太郎
ハーフタイムコメント
布部陽功 監督
・ターゲットに意識を持って、前半と同様に続けていこう
・インサイドポジションから中を閉めて、サイドでボールを奪いにいこう
風間八宏 監督
・両ゴール前で落ち着いてプレーしよう
・セカンドボールへの準備をしっかりしよう
・最後のパスを丁寧に出そう
試合終了後コメント
布部陽功 監督
まずはファン・サポーターの方々にお礼を言いたいです。今日の勝利は、最後まで応援してくださった皆さんのおかげです。試合の方は、試合前に雨が降って風も少し出て気温もおちたということで、選手にはプラスになったかなと思います。前半、良い時間帯10分に先制して自分達の得意な形で闘莉王が決めてくれた。その後も、アグレッシブに守備のバランスを整えながら、前から仕掛けてコンパクトにしていこうことでした。同点に追いつかれて、その後すぐにゴールできたのは大きかったんですけど、少し守備の所で積極的に行き過ぎて、バランスを崩したところもありました。ハーフタイムで少し整えて、ブロックをしっかり作って自分たちの形を見直して、後半3点目を取りに行くぞと(後半に)入りました。選手は献身的にバランスを取りながら食いつかず、相手のボールに対して出どころを抑えつつ、またコンパクトにしつつ上手く対応してくれました。3点目はまた闘莉王が決めてくれて、交代の選手も含めて最後まで落ち着いたゲームをしてくれた。ホームで勝てたのは良かったですけど、まだ連勝はしていないので、次の試合連勝出来るように戦っていきたいと思います。

Q.名古屋相手に3得点だが、攻撃の手ごたえは?
A.シンプルにツートップに当てて使いながら攻撃するのと、後ろから組み立てるビルドアップのバランスが、選手の中できちっと選べていないので、そこはもう少し精度を上げていきたいと思います。相手のラインが今日は高かったのですが、そこの裏を狙わずやり直すのは良かったんですけど、それが2回3回続いたので、相手のスペースを上手く見られるようにしていけたらと思いました。

Q.出場停止明けの試合となった吉野選手については?
A.出場停止していた期間、社会奉仕活動をしてきて、責任感とか自分の意志を見直せたと思います。それがピッチで現れていたと思いますし、副キャプテンとして周りを鼓舞するというところも少しずつ出来てきたかなと感じました。プレーも、軽いものではなくチームの為に献身的にやってくれたと思いますし、ソンミンの状態も悪くないのにもかかわらず、出場してチームのためにプレーしてくれたと思っています。

Q.怪我から復帰した下畠選手については?
A.最後まで良くプレーしてくれました。怪我あけということで、本人とも話をして練習で確認しながら取り組んできました。本当に彼を信じることが大事だということと、メンバーから外れた麻田も調子は良かった中での、彼の戦う姿勢、勇敢にプレーしてくれたと思います。
風間八宏 監督
立ち上がり何故相手を簡単に受け入れてしまったのかな、という最終ラインがひとつ。それから、後はゴール前の丁寧さがまだまだ足りない。これで一点しか取れないのでは、まだまだ自分達でボールを持つというところに行っていないので、そういうところをしっかりもっとやって、勝負を決めるところを重点的にやっていかなければいけない。今までもやっているんですけど、もっと意識しなければいけないという試合でした。

田中 マルクス闘莉王選手
田中 マルクス闘莉王
チームが勝たないと上にはいけない。とにかく勝つことに意味があると思っています。前回の名古屋戦も勝てた試合だった。そこで失った勝点2をどうしても取り戻さないといけませんでした。(2得点について)いっぱい走ったから、神様がご褒美をくれたんだと思います。(チーム全体としてもいい戦いができたのではないか)まだまだです。この順位が自分たちの実力を物語っている。みんなで要求しあって、それを突き詰めてやっていくしかないし、このチームが上に行くためにはいろんなところを良くしていかないといけない。(今日の勝利の喜びよりも、もっとやらないといけないという思いが強い?)そうです。少しずつクリアしていって、上でも戦えるチームにしていかなくちゃいけない。もっと強い芯を作らないといけません。

吉野 恭平選手
吉野 恭平
3試合休んでいる間、チームに迷惑をかけていました。みんなより休んでいた分、この試合で人より多く走って、人より多くファイトしようと思っていました。そこは少しピッチで出せたのかなと感じています。ここで変なプレーはできないし、自分の中でも覚悟を持ってプレーしました。結果がついてきてよかったです。(味方を助け、鼓舞する姿勢も見られたが)何かを変えないといけないとあの事件をきっかけに思っていたし、味方や相手の選手をリスペクトすることはすごく心がけています。少しずつ、変わっていけたらいいなと思います。

小屋松 知哉選手
小屋松 知哉
どの試合でも点を取ることは嬉しいです。名古屋はやっぱり上手いですね。一人ひとりの技術があるし、チームとしてのやり方も構築されています。前半は自分たちが中途半端な(ラインの)高さになって失点シーンのように崩されたけれど、後半のようにリトリートすれば怖くはなかった。ボールを回されることは割り切っていたし、失点以外ではやられていないと思います。あとはチームとしてしっかり守備をすること。攻撃ではいい時間に得点が入ったり、セットプレーから決めることができたので、そこはよかったです。(得点シーンは)誰も反応していなかったし、僕はずっと狙っていました。今シーズンはああいう、ごっつぁんゴールが多いけれど、そういうので少しずつ得点を伸ばしていければいいし、自分の形でも得点したいと思っています。ただ、まずはチームが勝つことが一番です。チームをJ1に昇格させることで個人の成績も付いてくると思います。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ