ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


NEXT
HOME
GAME

J2 第34節

9/23(土)

15:00 @西京極

vs 湘南ベルマーレ

明治安田生命 J2リーグ 第21節 vs ザスパクサツ群馬
2017.7.1(土) 18:03 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 ザスパクサツ群馬
京都サンガF.C. 1 0 前半 0 0 ザスパクサツ群馬
1 後半 0









小屋松 知哉[90+2分]
得点者
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
菅野 孝憲 1 GK スターティング
メンバー
GK 41 牲川 歩見
高橋 祐治 3 DF DF 19 一柳 夢吾
田中 マルクス闘莉王 4 DF DF 36 チェ ジュンギ
本多 勇喜 6 DF DF 20 パク ゴン
染谷 悠太 15 DF MF 7 高橋 駿太
石櫃 洋祐 30 DF MF 6 小林 竜樹
ハ ソンミン 8 MF MF 30 松下 裕樹
望月 嶺臣 18 MF MF 28 岡庭 裕貴
小屋松 知哉 22 MF MF 5 阿部 巧
ケヴィン オリス 9 FW FW 9 山岸 祐也
エスクデロ 競飛王 10 FW FW 15 岡田 翔平
清水 圭介 21 GK 控え選手 GK 1 清水 慶記
湯澤 聖人 2 DF DF 2 舩津 徹也
麻田 将吾 25 DF DF 3 川岸 祐輔
伊東 俊 20 MF MF 8 鈴木 崇文
岩崎 悠人 13 FW FW 10 マテウス
イ ヨンジェ 16 FW FW 26 高井 和馬
大黒 将志 31 FW FW 40 盛田 剛平
OUT IN 交代選手 IN OUT
望月 嶺臣 岩崎 悠人 80 73 高井 和馬 岡田 翔平
ケヴィン オリス イ ヨンジェ 80 86 盛田 剛平 小林 竜樹
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカードハ ソンミン[68分]
6 4 10 シュート 7 5 2
1 0 1 CK 7 6 1
6 5 11 直接FK 12 7 5
0 1 1 間接FK 2 0 2
0 1 1 オフサイド 2 0 2
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
6,561人 晴時々雨/無風
29.4℃
50%
全面良芝/水含み
90分
主審 副審 副審
野田 祐樹
山村 将弘
鈴木 規志
ハーフタイムコメント
布部陽功 監督
・後方から縦パスを入れていこう
・リスクマネジメントを気を付けること
・集中し続けて、戦っていこう!
森下仁志 監督
・マメにラインコントロールをすること
・話してこそコミュニケーション
・奪ったボールをしっかりマイボールに
試合終了後コメント
布部陽功 監督
まずはファン、サポーターの方にお礼を言いたいです。最後にゴールを決めることができたのも、熱い声援を送って頂いたおかげだと思います。前半は、自分たちのスタイルである後ろから繋ぐサッカーを実践していこうと伝えました。練習の時から空いたスペースをうまく使おうとトレーニングを積んできたので、その成果を出そうと思いました。前半の流れは悪くなかったと思います。しかし何度かカウンターで危ない場面を作られてしまったので、攻める時間が長くなる時こそリスク管理をしようとハーフタイムでは伝えました。あとは攻撃でサイドをうまく使おうということも指示しました。後半は群馬のハードワークで拮抗した戦いになりました。そんな中でも攻撃的に戦いたかったので、途中からヨンジェと岩崎を投入しました。そこでリスクを負って攻めたおかげで、最後に石櫃のクロスから競飛王が折り返して小屋松が上手く合わせてくれました。選手全員が最後までハードワークをしたと思いますし、GKの菅野もビッグセーブを見せてくれました。本当に次に繋がるゲームだったと思います。

Q.攻撃の場面でクロスは上がっていたと思いますが、ゴール前に選手がいない状況やクロスのこぼれ球の反応が鈍いように感じたのですが、監督はどう感じられていますか。
A.選手のコンディションが整っていなかったり、こぼれ球の準備が足りなかったと思います。パスの工夫であったり、攻撃のコンビネーションは今後さらに練習していかなければならない部分だと思います。

Q.ボランチにソンミン選手と望月選手、そして前に競飛王選手を起用しましたが、彼らの評価をお願いします。
A.吉野が出場停止でしたので、望月を起用しました。彼は安定したプレーを披露してくれますし、攻撃の際もパスで起点となってくれます。ソンミンはまだまだコンディションが整っていない中でも、相手の攻撃の芽を良く潰してくれましたし、コンディションが整えばさらに良くなると思います。二人とも攻守においてバランスよくプレーしてくれました。
その二人に劣らず、競飛王も良いプレーを披露してくれました。得点を期待していたのですが、その期待に応えてくれました。

Q.前節は3失点して守備は良くなかったと思いますが、今日の守備の評価をお願いします。
A.今週の練習ではクロスボールの対応と、ディフェンスラインの背後に来るボールに対しての対応を練習してきました。試合前日もディフェンス陣を集めて相手の特徴を話し合いましたので、その成果が出たかなと思います。しかし、まだまだコンディションにもバラつきがありますので、トレーニングで改善していきたいと思います。

Q.今日の試合で前半戦が終わりましたが、前半戦の総括をお願いします。
A.自分たちの力が分かったと思います。上位チーム相手でも自分たちのサッカーをやれば十分に通用するし、勝利出来ると確信したと思います。その反面、集中力の欠如からやられてしまう場面も多いので、反省点を踏まえて後半戦に挑みたいと考えています。
森下仁志 監督
今日も群馬から沢山のサポーターが来ていただいて本当に感謝しています。今日は選手のパフォーマンスも良かったですので、負けという結果は本当に悔しいです。前半は京都サンガの特徴であるラインの低い守備やロングボールに戸惑いましたが、ハーフタイムに上手く修正できて、後半は自分たちのペースで試合が進められたと思います。クラブの規模などを考えると選手たちは本当に良く戦ってくれました。しかし、まだまだイージーなミスも多いですしチャンスの場面でのトラップミスなど細かい点で修正するところは多々あるので、それは練習していきたいと思っています。今後はしっかりとゴールを決める、そして無失点に抑えるということにこだわっていきたいと思います。

菅野 孝憲選手
菅野 孝憲
いい準備をできている選手が多い中で、監督はこの3試合あまりメンバーを変えずに使ってくれていました。もちろん「どうやったら試合に出られるんだろう」と思っている選手もいただろうけれど、それを態度に出すことなく全員がチームのために戦った結果だと思います。勝てなかったときに「このままじゃ終われない」と感じた悔しさを常に忘れずに、次のゲームに向かうべきです。(試合内容について)間延びして、カウンターして、またカウンターされて、どこにもボールが収まらなくて…という時間がすごく続いていて、自分たちで自分たちの体力を消耗しあっていました。幼い試合をしましたけれど、そういう試合は後ろが我慢して、前も諦めずにやる。メンタル面が切れなかったことは評価したいです。(試合終盤のビッグセーブについて)二つとも守備の選手に感謝しています。最後まで諦めずに体を寄せてくれたから、ああいう結果になりました。それである程度、シュートコースが限定されました。(守備の頑張りが最後の決勝点につながったが)昨日、守備の選手にトゥーさん(闘莉王)も交えて話をしました。とにかくゼロでいく、それが僕たちの仕事だし、どんなに崩れてもDF4枚とボランチの2枚でバランスを取り続ければそんなにやられることはない、ということを確認しました。そういうことができたのは良かったし、これを続けることが大事です。今年は無失点の試合があまりにも少ない。当たり前のことを当たり前にやることを、もっと習慣付けていきたいです。(後半戦へ向けて)僕たちはもう後がないので、本当に1試合1試合、一番いい選手が試合に出るべきだし、そういう選手を監督が選んでくれると思います。諦めるのは簡単です。どんな状況でも信じ続けて、頑張りたいと思います。

望月 嶺臣選手
望月 嶺臣
ロングボールだけにならずに自分たちでボールを保持するとか違う形も考えながら、今週は取り組んできました。とくに前半は相手を困らせる攻撃ができたんじゃないかと思います。受け手の選手も動いてくれていたので、イメージどおりにパスを出せることができました。トゥーさん(闘莉王)が落として拾うパターンもあるし、セル君(エスクデロ競飛王)にボールを入れて攻めるパターンもありました。そこで得点を取れれば、もっと良かったです。(個人のところでの手応えは?)その瞬間の発想や、味方との距離感といった関係性など、イメージどおりにできた部分もありました。ソンミンとは「お互いにバランスを見ながらプレーしよう」と話していました。そこはできたんじゃないかと思います。

小屋松 知哉選手
小屋松 知哉
今日は蒸し暑かったのもあって、後半はけっこう体力的にきつくてチームに迷惑をかけたんですが、最後にああいう形で結果を出せたのはよかったです。あそこは「来るかな」と思ってゴール前に入りました。今シーズンはごっつぁんゴール的なものが多くて、今日もいいところにボールが来てくれた。足で打とうか迷ったけれど、身体で行こうと思ってああいう形になりました。(今日の攻撃について)前半はつなぐところも織り交ぜた攻撃ができたけれど、そこで点を取りたかったですね。後半、相手にボールを持たれる時間が長くなったことなど、改善点はあります。(決勝点の前に菅野選手のビッグセーブがあったが)後ろはずっと頑張ってくれています。ここ何試合かは、前が得点を取れていないのが申し訳なかった。今日もスゲさん(菅野)を中心に無失点で抑えてくれていたので、個人的にも点が欲しかったし、チームとしても公式戦で連敗している中でどうしても勝ちたかった。全員が諦めずに戦えた結果かなと思います。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ