ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


NEXT
HOME
GAME

J2 第26節

8/5(土)

18:00 @西京極

vs ファジアーノ岡山

明治安田生命 J2リーグ 第17節 vs ロアッソ熊本
2017.6.5(月) 19:03 @えがお健康スタジアム
京都サンガF.C. 試合終了 ロアッソ熊本
京都サンガF.C. 3 1 前半 0 0 ロアッソ熊本
2 後半 0









ケヴィン オリス[23分]
小屋松 知哉[48分]
ケヴィン オリス[51分]
得点者
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
菅野 孝憲 1 GK スターティング
メンバー
GK 21 野村 政孝
高橋 祐治 3 DF DF 2 黒木 晃平
田中 マルクス闘莉王 4 DF DF 4 園田 拓也
本多 勇喜 6 DF DF 5 植田 龍仁朗
下畠 翔吾 26 DF DF 7 片山 奨典
石櫃 洋祐 30 DF MF 20 上里 一将
吉野 恭平 5 MF MF 22 上原 拓郎
望月 嶺臣 18 MF MF 28 林 祥太
伊東 俊 20 MF MF 39 嶋田 慎太郎
小屋松 知哉 22 MF FW 9 安 柄俊
ケヴィン オリス 9 FW FW 11 グスタボ
清水 圭介 21 GK 控え選手 GK 1 畑 実
牟田 雄祐 17 DF DF 3 イム ジンウ
内田 恭兵 24 DF DF 13 三鬼 海
仙頭 啓矢 14 MF MF 38 上村 周平
岩崎 悠人 13 FW FW 10 平繁 龍一
イ ヨンジェ 16 FW FW 14 田中 達也
大黒 将志 31 FW FW 29 齋藤 恵太
OUT IN 交代選手 IN OUT
伊東 俊 岩崎 悠人 69 60 イム ジンウ 嶋田 慎太郎
望月 嶺臣 牟田 雄祐 81 75 田中 達也 林 祥太
78 上村 周平 上原 拓郎
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカードケヴィン オリス[77分]
イエローカード高橋 祐治[80分]
6 8 14 シュート 10 5 5 [70分]イム ジンウイエローカード
1 2 3 CK 5 1 4
8 5 13 直接FK 7 0 3
3 1 4 間接FK 2 0 2
3 1 4 オフサイド 2 0 2
0 1 1 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
4,533人 晴/弱風
25.4℃
32%
全面良芝/乾燥
90分
主審 副審 副審
清水 修平
福岡 靖人
西水流 優一
ハーフタイムコメント
布部陽功 監督
・シュートまでやり切ること
・ポジショニングも早くしていこう
・セカンドボールの予測
清川浩行 監督
・前半以上に集中してセカンドボールを拾っていこう
・チャンスはある。決めるだけだ!
試合終了後コメント
布部陽功 監督
平日のアウェー戦で、しかもナイターのゲームにもかかわらず熊本まで来てくれたファン、サポーターの方に感謝したいと思います。今日のゲームはファンの方々のお陰で勝てたと思っています。これからも応援してくれる方々と共に戦っていきたいと思います。
前半は風の影響もあり、少し流れが悪かったのですが先制点を取ることが出来ました。後半は前半の反省を踏まえ、集中して入っていこうと伝えました。そして良い形で2点、3点と奪えたと思います。その後もしっかりとハードワークしてゲームを締めることが出来ましたし、交代選手も含め全員の頑張りで勝利を手にすることが出来ました。

Q.フィニッシュやラストパスの質が課題だったと思うのですが、今日の評価を教えてください。
A.ラストの場面でのフィニッシュやラストパスはずっと我々の課題でした。今週は試合まで中8日と準備期間が長く取れたので、そこで念入りに準備出来たことが試合でも活きてきたのかなと思っています。

Q.前半に何度か続けてピンチを迎えましたが、試合中に守備に関して何か修正を加えたのでしょうか。
A.風の影響もあったのですが、相手の空中戦が強かったこともあり、セカンドボールが拾えませんでした。そこから裏にパスを出されチャンスを与えてしまいました。選手にはラインコントロールとセカンドボールに注意しようとゲーム中に伝えました。あとは注意力や予測、ポジショニングを良くしていこうということも伝えました。
清川浩行 監督
はじめに、ホームで勝てないゲームが続いて、サポーター、ファンの皆様に本当に申し訳ないと思います。ゲームの方は、立ち上がりから攻撃的に行こうということで、いい入りをしてくれたと思います。失点したところも含めて高さは警戒していたんですけれど、それでも良い形は何本かあったし、やろうとしていた部分は出ていたので、後半はギアをもう1つ上げて、なんとか追い付こうと話した中での早い段階での2失点で、それが今日のゲームの敗因だなと思います。

菅野 孝憲選手
菅野 孝憲
(前半の入りはピンチもありましたが?)前半は相手が狙っているロングボールからのセカンドボールから、たまたまああいう形になってしまった。相手の運が良かったところもあったと思いますけど、これまではそういうところで失点することがあって僕たちとしては無失点の試合が少なかった。今日はそこで失点せずに行けたのは良かったかなと思います。今年は無失点の試合がすごく少ないのでそういう意味ではかなり意識していました。今日は無失点で終わらないといけない内容だったし、そういう内容じゃない試合でも無失点で終わらないといけない。これを当たり前にしていかないといけないと思っています。チームとしての形ができてきたと思うし、誰が出てもどういうことをすべきなのかをやれていると思う。あとはGKの自分に関してはとにかく無失点の試合を増やすことに集中してやっていきたいと思います。

ケヴィン オリス選手
ケヴィン オリス
2点目を取るということは前からずっとチームとしても言っていました。ただ、実際には今年リーグ戦は勝てないところから始まって、その次は引き分けが多くなっていた。ずっと課題があったと思いましたが今日はチームとして良い例を作ることができたと思います。(2ゴール1アシストの活躍でしたが?)自分の仕事をしたまでのことだと思います。いつも言っているように自分ができることはファイトすること。チームが勝つためにできることをやるということ。それが結果として自分のゴールになった。3-0で勝ったということが一番大事なことで自分が得点したことよりもチームが勝ったことを評価したいと思います。各々が今日の試合で勝つためのプレーをできたと思います。それが11人だけじゃなくベンチメンバー含めて、18人が素晴らしい仕事をやったと思います。それができれば、自分たちは今後も勝てると思っています。それを続けていければもっと良い位置に行けると思います。

小屋松 知哉選手
小屋松 知哉
前半は何度か危ないシーンがありました。うちにもチャンスはあったんですけど落ち着かない時間帯があった。そこはちょっと改善しないといけなかった。ただ、チーム全体としてはそこまで慌てる様子もなかったので落ち着いて対応できたかなと思います。(チームが課題としていた2点目を取れたが?)2点目っていうのはここ何試合かの課題でしたし、チームとして意識はしていたけど、なかなか取れていなかった。その中で自分がごっつぁんゴールでしたけど2点目を取れたのは大きかった。チームに良い影響を与えられる得点だったかなと思います。(得点の場面は)あれも何度もやっている形ですし、ケヴィンとトゥーさん(闘莉王)っていう前の強い2人が競った時にどこにこぼれてくるのかは何となく分かるようになってきた。今までそれがちょっとうまくいかなかったけど、今日は良い形で得点につながって良かったと思います。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ