ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


NEXT
HOME
GAME

J2 第34節

9/23(土)

15:00 @西京極

vs 湘南ベルマーレ

明治安田生命 J2リーグ 第15節 vs 東京ヴェルディ
2017.5.21(日) 15:03 @味の素スタジアム
京都サンガF.C. 試合終了 東京ヴェルディ
京都サンガF.C. 2 0 前半 1 1 東京ヴェルディ
2 後半 0









本多 勇喜[67分]
ケヴィン オリス[80分]
得点者 [40分]ドウグラス ヴィエイラ
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
菅野 孝憲 1 GK スターティング
メンバー
GK 1 柴崎 貴広
高橋 祐治 3 DF DF 3 井林 章
田中 マルクス闘莉王 4 DF DF 4 畠中 槙之輔
本多 勇喜 6 DF DF 5 平 智広
下畠 翔吾 26 DF MF 18 高木 大輔
石櫃 洋祐 30 DF MF 33 渡辺 皓太
吉野 恭平 5 MF MF 17 内田 達也
田村 亮介 7 MF MF 6 安在 和樹
望月 嶺臣 18 MF FW 38 梶川 諒太
小屋松 知哉 22 MF FW 10 高木 善朗
ケヴィン オリス 9 FW FW 9 ドウグラス ヴィエイラ
清水 圭介 21 GK 控え選手 GK 34 内藤 圭佑
湯澤 聖人 2 DF DF 19 永田 充
染谷 悠太 15 DF DF 23 田村 直也
麻田 将吾 25 DF MF 2 安西 幸輝
伊東 俊 20 MF MF 27 橋本 英郎
イ ヨンジェ 16 FW MF 32 二川 孝広
大黒 将志 31 FW FW 11 中野 雅臣
OUT IN 交代選手 IN OUT
望月 嶺臣 染谷 悠太 46 70 安西 幸輝 ドウグラス ヴィエイラ
田村 亮介 伊東 俊 55 74 二川 孝広 梶川 諒太
81 中野 雅臣 高木 大輔
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカード高橋 祐治[51分]
イエローカード田中 マルクス闘莉王[90+4分]
イエローカード伊東 俊[90+6分]
7 7 14 シュート 8 3 5 [90+1分]高木 善朗イエローカード
0 0 0 CK 11 7 4
5 7 12 直接FK 11 6 5
0 1 1 間接FK 1 0 1
0 0 0 オフサイド 1 0 1
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
5,435人 晴/弱風
27.2℃
50%
全面良芝/乾燥
90分
主審 副審 副審
井上 知大
大西 保
日高 晴樹
ハーフタイムコメント
布部陽功 監督
・シンプルにターゲットに入れてプレーしていこう
・やりきること
・もう少しスライド、ポジショニングを早くしていこう
ロティーナ 監督
・ボールを動かすこと
・確実にプレーしよう
・ファウルに気を付けること
試合終了後コメント
布部陽功 監督
今日は連戦最後ということで、ここまでファン・サポーターの方に足を運んで頂き、本当に感謝しています。後半、特に大きい声を張り上げて応援してくださって、逆転できたと思っています。選手も最後まで諦めずに、特にハーフタイムでもそうですけど、ここから俺たちの力が試されるということで、本当に選手は良くやってくれました。試合なんですけど、今日は暑くて、ヴェルディさんがボールを走らせてボールを回して、自分たちが走り出されたというか、本当に厳しい前半だったと思います。先制をされて、先ほども言いましたけど、ハーフタイムで選手がみんなでここからだぞと、ここが試されると、ここで勝たないと俺たち上に行けないということを、みんながもう一度自分たちのやるべきこと、あとは自分たちがやっているスタイルですね、シンプルにゴールに迫っていこうということで臨みました。後半、本当に選手たちが頑張ってくれて逆転できたと思います。

Q.ハーフタイムに監督からはどういう指示があったのか。
A.選手と同じで、諦めないで、流れは悪くなかったので、自分たちが耐えて、ボールを回されているけれど、チャンスはいくつかあったので、このままやっていくというところと、失点もミスからだったので、続けることが大事ということを伝えました。

Q.闘莉王選手とオリス選手の役割分担は何かあるのか。
A.前線で二人が立つことによって、相手の重心を後ろに下げるというか、主導権ですね。立たせることによって、ポジションを取ることによって、主導権をまずそこで取ると。そこで、闘莉王は状況を見て下がったりだとか、ボランチの横のスペースだとかそういうのも取れるというところで。ケヴィンは高さ、闘莉王は高さとポジショニングですね。そういうものを求めています。
ロティーナ 監督
前半は自分たちの試合だったと思います。僕たちがボールを持って、彼らはハーフラインを超えることも難しかった状態だった。あえて後半プレスを強くかけてきて、その後プレスをかけてきた状態で良いプレーをすることが出来なかった。カウンターでチャンスは作れていたんですけど、前半ほどいいプレーは出来ていませんでした。分かっていた、危険だと分かっていたフリーキックで1点を取られました。2点目はスーパーゴールが決まりました。最低でも引き分けにしないといけない試合だったと思います。

吉野 恭平選手
吉野 恭平
(決勝点のシーンについて)カウンターだったので、スピードを壊さないように自分が運べるだけ運んで、いいタイミングでトゥーさん(闘莉王)がおりてきてくれたので、一回キープしてもらおうかなと思って預けました。今まで取りこぼしが多かったし、この8試合負けてないっていうのはありますけど、勝ち切れていないもったいないゲームが2、3試合あったんで、そういうところを勝ち切っていくともっといいチームになるし、もっと上位争いができると思うので、そこはチームとして考えていかなければいけないと思います。

本多 勇喜選手
本多 勇喜
(ゴールシーンについて)ビツさん(石櫃洋祐)が良いボール上げてくれたので、あてるだけでした。後ろの選手なので、なかなかゴールは決められないので嬉しかったですけど、常に勝つことを前提にやっているので、最初に失点してしまったし、もっと後ろからチームの為に出来こともあったので、そこは修正していきたいと思います。(8戦負けなしとなりましたが?)我慢するところは我慢するっていうのは出来ていると思うし、チームみんなでやれていると思うので、もっとそこを合わせていって、引き分けが多く、あまり勝ててないので、勝ち切れるサッカーを高めていきたいです。

ケヴィン オリス選手
ケヴィン オリス
(ゴールシーンについて)インサイドの方に入っていって、相手がいたんですけど、その間からうまく打てたという形で、相手もブロックしにきてたんですけど、先にボールが入って、いい形でゴールが入りました。今日は、ゴールをだれが決めたっていうよりは、チームが勝てたことが一番重要だと思っています。(90分通してのハードワークが印象的でしたが?)自分はスピードがない、テクニックがそんなにあるわけではない、じゃあ何ができるかというと、ハードワークだと思いますし、それが自分のスタイルだと思いますし、そのハードワークしてチームに貢献する、そしてチームにいいボールを供給する、それが自分のスタイルだと思います。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ