ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


NEXT
HOME
GAME

J2 第26節

8/5(土)

18:00 @西京極

vs ファジアーノ岡山

明治安田生命 J2リーグ 第11節 vs 名古屋グランパス
2017.5.3(水) 15:03 @豊田スタジアム
京都サンガF.C. 試合終了 名古屋グランパス
京都サンガF.C. 1 1 前半 0 1 名古屋グランパス
0 後半 1









ケヴィン オリス[40分]
得点者 [90+1分]シモビッチ
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
菅野 孝憲 1 GK スターティング
メンバー
GK 1 楢崎 正剛
高橋 祐治 3 DF DF 15 宮原 和也
本多 勇喜 6 DF DF 36 酒井 隆介
下畠 翔吾 26 DF DF 4 シャルレス
石櫃 洋祐 30 DF DF 3 櫛引 一紀
吉野 恭平 5 MF MF 28 玉田 圭司
ハ ソンミン 8 MF MF 7 田口 泰士
岩崎 悠人 13 MF MF 29 和泉 竜司
小屋松 知哉 22 MF MF 14 田鍋 陵太
田中 マルクス闘莉王 4 FW FW 9 シモビッチ
ケヴィン オリス 9 FW FW 27 杉森 考起
清水 圭介 21 GK 控え選手 GK 18 渋谷 飛翔
湯澤 聖人 2 DF DF 6 古林 将太
麻田 将吾 25 DF MF 13 磯村 亮太
望月 嶺臣 18 MF MF 17 小林 裕紀
伊東 俊 20 MF MF 21 八反田 康平
イ ヨンジェ 16 FW FW 10 フェリペ ガルシア
大黒 将志 31 FW FW 25 杉本 竜士
OUT IN 交代選手 IN OUT
ハ ソンミン 伊東 俊 27 46 フェリペ ガルシア 田鍋 陵太
ケヴィン オリス イ ヨンジェ 85 57 杉本 竜士 杉森 考起
86 八反田 康平 櫛引 一紀
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
9 4 13 シュート 8 7 1 [50分]杉森 考起イエローカード
[54分]田口 泰士イエローカード
2 1 3 CK 6 5 1
10 7 17 直接FK 15 10 5
2 2 4 間接FK 3 3 0
2 2 4 オフサイド 3 3 0
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
36,755人 曇/弱風
20.5℃
39%
全面良芝/水含み
90分
主審 副審 副審
福島 孝一郎
中井 恒
武田 光晴
ハーフタイムコメント
布部陽功 監督
・前線のターゲットを使ってシンプルにプレーしていこう
・守備は我慢強く戦っていこう
風間八宏 監督
・もう少しボールを受けよう
・前の動きを増やして、どんどん押し込もう
・相手に合わせず、全員でやり続けて、自分たちのサッカーをしよう
試合終了後コメント
布部陽功 監督
まずはサポーター・ファンの方に勝利をお見せすることが出来なくて、本当に残念です。たくさんの方が京都から観に来られたのに、本当に残念です。前半、ケヴィンのフリーキックで先制して、相手の攻撃で回されるとは分かっていたんですけど、粘り強く逆に回させようということでプレーをして前半終えて、ハーフタイムはこのまま行こうと続けてやってまたチャンスが来るだろうというところで、後半に入りました。同じ展開でパスを回されてたんですけど、自分達としてはそんなに怖さというか最後の崩しの部分は想定内という形でゲームを進められました。1-0のままで来て、ロスタイムに時間を稼ぐというところで、まだまだチームとして、状況判断とかそういったものを考えないといけない。
最後まで選手は本当にファイトしてくれましたし、戦ってくれたので、次の試合に繋げたいと思います。

Q.終盤ゴール前のシーンが増えていく中でどのように考えられていたか。
A.パスを回されると徐々に体力も消耗していきますし、押し込まれるっていうところは想定内でした。ただ、マイナスのボールだとか、後ろから走りこんでくる選手に対してどれだけ寄せられるかだとか、昨日、一歩二歩寄せられることが大事だと話していたんで、そういうところを気を付けないといけなかったし、最後そういうちょっとしたところでやられたと思います。

Q.交代策で逃げ切ることについては、イメージし辛かったのでしょうか。
A.怪我人もいて、センターバックの麻田も考えたんですけど、投入のタイミングはまだ早いと考えていました。守備の面でもチーム全体として、このまま逃げ切れるところもあったんですけど、最後に前線でキープして自分達がボールを持った時に、突っ込んでしまったところもあったので、そこはロスタイムに入ったら終わらせるところはまだ理解している選手とできていない選手がいるのかなと感じたのでそこは詰めたいと思います。

Q.ロスタイムの失点が多いと思いますが、守備の安定の手ごたえはどうでしょうか。
A.まず、マンツーマン受け渡しという形から、ゾーンに変えました。それをしていた理由もいろいろあるんですけど、カウンターがなくなったというところでは、改善できているのかなと感じています。今はこのやり方で、安定した戦い方が出来ていると思いますし、攻守においてバランスが取れていると思うんですけれど、まだまだ足りない所もありますし、追求して緻密にやっていかないといけないところもあるので、そこは引き続き取り組んでいきたいと思っています。
風間八宏 監督
いくつかのもったいないところ、これから進んでいかなければいけないところが見えた試合かなと。結果1-1というのはもったいなかったですけど、やっぱり中盤での人がいないときのパスミス、最後のゴール前にかかったときの、もう一つ奥まで行くと決定機が出来るかなという場面が何回かあったので、そこのところの判断を高めていきたいなというのが見えた試合でした。

田中 マルクス闘莉王選手
田中 マルクス闘莉王
プランどおりの試合はできたと思います。名古屋の時間帯はあったし、ボールは支配されていたかもしれないけれど、回されていても本当に危ないとは感じなかった。すごく崩された場面は少なかったし、決定的なチャンスは自分たちの方が上回っていたと思う。そこで仕留める、というところがまだ足りないのかなと感じています。自分自身にはチャンスがなくて、今日は(得点するのは)自分のところではなかったのかなと思うけれど、(チームとして)決定的なチャンスが2〜3回あったところで、もう一点追加できれば試合は終わっていました。それに(試合終盤に)ボールをキープできたところもあったはず。後ろの選手を楽にさせるためにも、前の選手は頑張らないといけない。それは後ろをやったことがある選手としては言っていかないといけない。悔いが残るアディショナルタイムでした。決して悪い試合ではなかったけれど、勝ち切らないとなんにもならない。試合の締め方、チームとして何をしないといけないのかは厳しく付き合っていく必要があります。

ケヴィン オリス選手
ケヴィン オリス
今日は名古屋という上位チームを相手にアクションをさせませんでした。最後に追いつかれたのは残念だし、勝点3を逃してしまったともいえますが、全てのことを考えれば評価に値する試合内容だったと思います。フォーメーションを変えてから約4週間がたちますが、一人ひとりが何をすべきかという役割を理解しながらプレーできています。試合毎に成長があるし、今日も(岩崎)悠人や(小屋松)知哉が躍動していました。チームが勝つために、どのように機能すべきなのかを理解しながらプレーできているし、だからこそ“戦う”ということができています。そうして全員が献身的に戦えていることが、いま最も大事なことだと感じています。(ゴールについて)直接FKはベルギー時代や韓国時代でも年間3〜4点は決めています。練習する中で、自信もついてきたところでした。ボールとGKとゴールとのラインを見て「少しずらせばいいキックが蹴れるんじゃないか」と思いきって蹴りました。

下畠 翔吾選手
下畠 翔吾
最後の場面だけが悔いが残ります。全体的に締まったゲームだっただけに、もったいないなというのが正直なところです。今日は名古屋を相手にボールは持たれたけれど、前節と同じく(自分たちがボールを奪いたいエリアに)入ってきたところには厳しくアプローチにいけていました。それをほぼ90分間続けられたのは良かったです。相手にはフィジカルの強い選手もいたけれど、前線の選手が頑張ってコースを限定してくれたので、入ってくるタイミングでボールにいけていました。本当に最後のところだけが…。少しのプレー、1回のプレーの重みを改めて感じました。また普段の練習から、そういうところを見直していかないといけません。大観衆の中でのアウェイゲームでしたが、サンガのサポーターの声は聞こえていました。僕たちの背中を押してもらえたし、本当に勝ちたかったんですが、次またホームで試合があるので、そこで勝てるように頑張ります。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ