ホーム > 試合・スケジュール > プレビュー

プレビュー


【ホームゲームプレビュー/第14節vs.水戸】根気強くゴールを目指して戦い抜き、今季初の平日ナイトゲームで勝利を!
[2017.5.16]

第11節・名古屋グランパス戦では先制点を奪ったものの試合終盤に失点し、1-1のドローとなった。続く第12節・カマタマーレ讃岐戦は退場者を出して数的不利な状況となったにもかかわらず、名古屋戦の教訓を活かし、先制点を守り切って完封勝利。ピッチに立つ選手たちが最後まで集中力を切らさず守り抜いたこともそうだが、途中出場した選手が役割を果たしたことが良い結果へとつながった一戦だったと言えるだろう。リーグ序盤はなかなか勝点を挙げられずに苦しんだサンガではあったが、ここに来て一戦ごとにチームとしての成長が感じられ、ゴールデンウイークの連戦を無敗で終えることができた。そして今節は、前節のレノファ山口FC戦から中3日で今シーズン初の平日ナイトゲームを、ホーム西京極で迎える。

対戦相手の水戸ホーリーホックもサンガと同様、ゴールデンウイークの連戦を無敗で乗り切り、波に乗りつつあるチーム。サンガは田中マルクス闘莉王とケヴィン・オリスの2トップを活かした攻撃で勝点を積み上げてきたが、逆に水戸は安定した守備をベースとしたサッカーで手堅く戦い続けている。破壊力のサンガと堅守の水戸の白熱したバトルが展開されることだろう。 水戸の守備の特徴は守備ブロックの形成の早さと、全体的にコンパクトな陣形。これによって相手のシュートコースやパスコース、スペースを消してくる。サンガとしてはダイナミックにボールを動かして、水戸の堅守に揺さぶりをかけたいところだ。一方、攻撃面ではボールを奪ってから手数をかけずに前線にボールを運ぶ速攻が軸。ワンタッチ、ツータッチでテンポ良くボールをつなぐことに加えて、快足フォワード・前田大然のスピードを活かした抜け出しやドリブルでゴールを狙う。ゾーンで守るサンガはマークの受け渡しや確認を徹底し、組織で水戸の攻撃を封じたい。 水戸との試合はロースコアの展開となることが多く、攻めあぐねた焦りから前がかりになったところでカウンター攻撃を受けてしまい、失点してしまうこともある。先制点を与えてしまえばピシャリとゴール前に蓋をされてしまい、より苦しい展開となるので、焦らず根気強く勝機をうかがい、どのような形でも良いので相手より先にゴールを奪いたい。今節も前節の山口戦に引き続き、攻撃の核であるケヴィンを出場停止で、岩崎悠人をU-20ワールドカップ出場のために欠いて臨む一戦。これをポジティブに捉えるのであれば、シーズン前半でこのような状況下での戦いを経験できることは大きい。今こそピッチに立った選手がそれぞれの持ち味を出しつつ、勝利という目標に向かってひとつとなる時。逆境をはね返して、今シーズン初のホーム連勝を勝ち取りたい。
 2017明治安田生命J2リーグ<第14節>
日時
5月17日(水)19:00キックオフ
対戦 京都サンガF.C. vs. 水戸ホーリーホック
会場 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
【アクセス】http://www.sanga-fc.jp/game/stadium/index/
開場 【場内】ファンクラブ会員先行入場16:30/一般17:00
【場外】サンガフレンズスクエア、飲食・グッズ・当日券販売16:00


一覧へ戻る

バックナンバー


ページトップへ