試合情報

HOME
京都サンガF.C.
京都
明治安田生命J2リーグ第8節
47日(土) 15:00
京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
試合終了
0
0 前半 0
0 後半 1
1
  • 88'
    清本 拓己
AWAY
大分トリニータ
大分

監督コメント

京都サンガF.C.

布部陽功

点を取れるチャンスがありましたけど決めきることができませんでした。選手はいま自分たちがやろうとしていることを最後までしっかりとプレーしてくれたと思います。その中で、前後半を通して決めるべきところで決めていかないとやはり勝てないというのを痛感しました。いまやっていることをトライしてプレーして、最後のところを決めきれないのは自分たちの意識と普段の練習で質を上げていくことが必要だと思います。ファン・サポーターの方々も最後まで応援してくれたのでなんとか勝利をプレゼントしたかったんですが、それができずに悔しいです。次に向けてまたやっていきます。

 

Q.エスクデロ選手が久しぶりの先発復帰でしたが前半で交代となったのは、コンディション的な問題なのか?他に狙いがあったのか?

A.45分というのは最初から決めていました。ミスもありましたけど、よく動いてプレーしてくれました。コンディションも上がってきているので次に向けてやってもらいたいです。

 

Q.後半途中から岩崎選手、大野選手の2トップで4-4-2のような形となり、運動量も多く前線からチャレンジしていましたが、フォーメーション変更の狙いは?

A.ターゲットを増やしたかった。ビルドアップもポゼッションもできていて相手を押し込むことも出来ていたので、ゴール前の数を増やしたかった。

 

Q.序盤から勝てない試合が続いているが、内容については手応えを感じているのでしょうか?

A.内容は手応えを感じていますので、勝つための方法として、今のサッカーを続けたいと思います。(あとはゴールだけ?)それだけになると他が疎かになるのは違うと思うので、自分たちがしっかり取り組んでいることを継続していく。継続、レベルアップするよう取り組んでいきます。

 

Q.闘莉王選手が途中から少し前のポジションになったがベンチからの指示か?彼の判断か?

A.自分の指示です。ミドルサードまではしっかりパスを繋げていたので、そこからの圧力を、闘莉王を前線に置いてシュートの機会を増やしたかった。

選手コメント

  • 15 DF
    染谷 悠太
    チームとしてやろうとしたことは出せました。出せたからこそ、最後のところで決めきること、その形をいかに多く作るかが大事でした。ボールを動かして、相手のプレスを外すところまではできてきたので、あとは相手にとって何が嫌なのかを突き詰めたい。プレーする中でコミュニケーションをとって共有していきたいです。(上位チームを相手に接戦に持ち込みながら敗戦。これをどう受け止めて、次につなげるのか?)手応えがあっても、勝てなければ意味がなくなってしまいがちです。そこで“駄目だった”で終わらせるのではなく、よかったことは継続・発展させていき、駄目なことは改善していく。それが大事なんだと思います。負けているので(試合直後の)雰囲気はいいものではなかったけれど、下を向いていても試合はやってくるので、次に向けて練習からベストを尽くして、勝つための努力をみんなでしていきたいです。
  • 19 FW
    大野 耀平
    最初のプレーも含めて、試合には上手く入ることができました。僕はレンゾ(ロペス)とは違った持ち味があるので、相手の裏への動きは生かそうと思ってピッチに立ちました。時間帯によっては攻撃が詰まってしまう、後ろの選手がパスを出すところがない状況もあったので、自分が裏へ走ることで相手DFを後ろに引っ張って、そこをチームメイトに使ってもらうことは意識しました。あとはシュートを決めるところですね。もちろん技術やシュート精度もあるんですが、タイミングのところで、例えばクロスに対して早く入りすぎてしまってシュートがボテボテになった場面もあります。もう少し余裕を持って入ることで力強いシュートが打てる。そういうちょっとした部分の差だと感じました。流れを変えることはある程度やれたと思うので、あとは交代する前に監督から「点を取って来い!」と言われた期待に応えられなかったことが本当に悔しいです。ただ、何が悪いのか分からない状況ではなくて、課題は明らかになっています。やることをしっかりやって、シュートを決めること。そこは練習から強く意思して取り組んでいきます。
  • 22 MF
    小屋松 知哉
    試合内容については守備がよくなっているし、攻撃もポゼッションやビルドアップがやれるようになってきました。今日も相手の出方を見ながらケイヤくん(仙頭啓矢)が入ってきたり、ホンちゃん(本多勇喜)がパスを受けたところで自分の良さを出せたりしました。あとは最後のフィニッシュところです。DFラインを含めた守備のところはしっかりやってくれたし、チームとしても攻撃の組み立てはできた中で得点を取れなかったのは課題だし、ずっと言っていますが前の選手がしっかり決めないといけません。精度もそうだし、コンビネーションのところもそう。あと、もう少しシュートをシンプルに打っていいのかもしれない。あれだけ押し込んだ中でシュート数はあまり多くなかったと思うので、シュートで終わることは意識したいです。(小屋松選手がドリブルで仕掛ける場面も多かったですが?)パスで崩せれば綺麗に見えるけれど、それだけでは崩せない部分もある。相手を1人かわせれば状況は変わる。個人技は大事だし、そういうところでいい影響を出せればと考えていました。何度かできましたが決定的なチャンスはあまり作れなかったので、そこは僕自身の課題かなと思います。

ギャラリー