試合情報

AWAY
京都サンガF.C.
京都
明治安田生命J2リーグ第2節
33日(土) 16:00
レベルファイブスタジアム
試合終了
2
0 前半 2
2 後半 0
2
  • 52'
    レンゾ ロペス
  • 79'
    レンゾ ロペス
  • 31'
    ドゥドゥ
  • 35'
    オウンゴール
HOME
アビスパ福岡
福岡

監督コメント

京都サンガF.C.

布部陽功

アウェイの福岡までサポーターの方々が応援に来てくれたのは嬉しかったですし、同時に勝って帰りたかったですけど、引き分けで、次も一緒に戦っていけたらと思います。
試合の方は立ち上がり、流れは悪くなかったと思います。失点するまでは。ドゥドゥ選手にオーバーヘッドを決められて、そこで少し自分たちの課題にしているところ、クロスの対応であったりを含めあまり良くなかった前半でした。ハーフタイムにサイドの対応だとか、空いているスペースを埋めるようにコンパクトにしていこうと後半へ臨みました。交代を含めて最後まで全員が頑張ってくれましたし、2点取れたっていうのは、普段からの練習をみんなが理解しながら、よく戦術をやりきってくれたと思います。システム変更も含めて最後まで粘り強く戦ってくれたと思います。次に繋がる勝点1だったと思います。

Q.開幕戦とは違い、スタートで4-3-3を選択しましたがその意図と、後半頭から重廣選手を投入しましたが彼自身に対してどういった指示をして送り出したのですか?

A.4-3-3にした理由は中盤で数的優位を作りたかったからです。後はアグレッシブにいくために一人余らせて、そこでセカンドボールを拾って自分たちが主導権を握る時間を増やしたくて4-3-3にしました。湯澤に代えて重廣を投入したのは、彼も練習から調子が良かったですし、彼に言ったことは自分の良さと運動量と、ミスも出ていたので確実にプレーしてほしいと伝えました。チームとしてやるべきことは分かっていますし、そんなに彼に色々伝えるということはせずにチームでやっている戦術通りでと送り出しました。

Q.前半、中盤のスペースを福岡に使われていたと思いますが、後半に重廣選手が入った意図は?
A.前半DFラインと中盤の間のスペースを縦パスで通されていたので、そこを締めたかったところです。彼の運動量でスライドして、福岡の攻撃も揺さぶりもありましたし縦パスも狙われていたので、石津選手が降りてきてフリーだったりそういったところをケアするために重廣選手を投入しました。彼がプレスバックだったり、ボールに対してのアプローチが我々のリズムを生んでくれたと感じました。

Q.初先発のレンゾ・ロペス選手が前半なかなかシュートまでいけなかったが、後半に2得点と、結果を残したが今日のプレーに対する評価は?

A.キャンプで少し病気と打撲の怪我で出遅れたのもありましたが、徐々にコンディションも戻りつつあって、まだ100%ではないですが意欲的にハードワークしてゴールも決めてくれて、本人はホッとしていると思います。同時にチームの勢いも少し出たかなと思うので、彼個人、チームとして勝点1は大きかったと思います。

Q.0-2から2点取って追い付くという展開になりました。振り返っていかがですか?

A.前半は点を取られるまでは悪くなかったですし、最後の対応や1対1、もしくはバイタルエリアとかDFラインと中盤の間にちょっとずつスペースができたりそういうところで2失点してしまった。選手は諦めずに最後まで戦ってくれましたし遠くから来てくださったサポーターの方々が力強い応援をしてくださったので同点に追い付くことができました。ただ、もう1点取れたかもしれないですし、まだまだやれるというのはあると思います。

選手コメント

  • 9 FW
    レンゾ ロペス
    (初先発で2ゴールですが?)結果を出せたことはすごくうれしい。でも、後半のチームの戦う姿勢はもっとうれしいことだった。(前半はシュートチャンスがありませんでしたが?)前半は全体的にあまり良くなかった。後半は立ち上がりから内容が良くはなったけど、まだまだやることがたくさんあると思う。(1点目について)マークを外すために一度相手の前に入って、付いてきたところで後ろに下がった。その動きがうまくいった。1点が入った後はチームが良くなったので、その良かった感じを続けて、次の試合を勝ちにいきたい。
  • 30 DF
    石櫃 洋祐
    自分のオウンゴールでさらにゲームを難しくしてしまって申し訳ない。(1点目のアシストのシーンを振り返って)なんとか取り返したいと思っていたので、うまく合わしてくれて良かったです。彼(レンゾ・ロペス選手)の良さを引き出せるように、もっと練習からやっていきたいです。(課題は?)開幕戦でも早い時間で先制点を挙げられてしまったので、立ち上がりからもっとアグレッシブにやっていけるようにしたいです。
  • 14 MF
    仙頭 啓矢
    前半の2点ビハインドから追い付いたことはチームとして良かったです。試合の入りはそんなに悪くなかったけど、自分たちから自滅していったというか…。観ている人たちにとっても前半と後半は全然違ったと思うし、後半は全員が本当に一つになって戦えていたと思います。(同点ゴールをアシストしましたが?)(内容は)負けゲームだったと思うけど、それを引き分けに持っていけたというのは一つ良かったこと。レンゾ(ロペス)もよく決めてくれたし、僕もあの時間帯はFWに変わっていたから、前で出ている以上は数字というところにこだわりたい。アシストだけど、結果を残せたことは良かったです。レンゾはボールを収めた後にしっかりつなげる選手。僕らも要求しながらやっていけば、チームにとっても良い影響が出てくる。同い年だし、コミュニケーションをとりながらやっていきたいです。

ギャラリー