ホーム > クラブ・選手情報 > 選手インタビュー

選手インタビュー


菅沼駿哉インタビュー

「今年は勝負の年」と、並々ならぬ闘志とともに新加入した菅沼駿哉。ゴール前の砦を守り抜くため、いつも熱いゲキを飛ばす姿が印象的だが、実はとても繊細な精神の持ち主。彼が日々どんな思いでサッカーに取り組んでいるのか、その素顔に迫る。


菅沼駿哉

――シーズン折り返し地点にある今、これまでの流れをどう捉えていますか?

菅沼:確かになかなか勝てていない状況ですが、どのチームと対戦しても負ける気は全くしなかったんです。つまり、ちょっとした差だと思う。サンガは若い選手が多いので、僕としては、先制された時のメンタルをもっと強くしたいですね。たとえ1点取られても2点取り返す力があるのに、目の前の状況をそのままに受け入れてしまいがちなところがある。そのあたり、ピッチの後ろから見ていて分かることも多いので、「もっと怖がらずに行こう!」ということを伝えていきたいですね。
いま、J2は混戦状態で6位までの勝点差がそんなにないので、そこは僕たちの救いでもあると思う。だからこそ、今はまだ上を見ずに、自分たちの勝ち点をしっかり積み上げていくことだと思います。


――ディフェンダーとして、いまのパフォーマンスをどう分析しますか?

菅沼:失点が多いなか、もっとみんなのミスを守ってやりたいという気持ちが多いのに、うまく結果に結びついていません。正直、防げる失点もあったと思う。だからつい先日、前線の選手たちに、「今後もしも失点したら、センターバックのせいにしてくれていい。だからその分、しっかり前でプレーしてほしい」ということを伝えました。それは、僕も智さん(山口智)も守れる自信があるのに破られていることが多かったんで、「これからはつまらない失点はゼロにしよう」という思いから。ひとつひとつに言い訳せずに、とにかく失点数を減らせるよう、もっと覚悟を持って挑みたいですね。



菅沼駿哉

――センターバックのコンビネーションについて、手応えはどうですか?

菅沼:今はバキ(バヤリッツァ)や智さんと組むことが多いけど、どちらもすごい選手なんで、いつも胸を借りる思いです。バキはやっぱり、目の前にいる相手に負けないところが強み。あまり失点のリスクを怖がらずにひょいひょいとドリブルで前へ仕掛けていくメンタルがすごいし、攻撃の選手を助ける動きが献身的だと思います。
智さんは統率力というか、ラインの上げ下げが本当に緻密です。そこはまだ自分に足りない部分なので、日々勉強させてもらってますね。智さんとはよく食事も行きますよ。昔から憧れていた選手なんですが、ガンバ大阪でチームメイトだった頃は僕の実力不足で一緒に組むことができなかったんです。それが今ここでようやく実現しているのに、この順位にいることが本当に不甲斐ない。日本代表経験のある選手もいっぱいいるなかで、僕らは絶対、もっと上にいくべきチームだと信じています。



菅沼駿哉

――試合中、ピッチで一番大きく声を出している姿が印象的ですね。

菅沼:それについては、最近よく考えるんですよ。声を出すことがいいのか悪いのか……。もしかすると、出し過ぎてもよくないことがあるんじゃないかと思って。
僕は今年、いろんな思いがあってサンガに来たから、「勝負の年」と決めているんです。このチームでJ1に行きたいという気持ちがとにかく強い。だから、一試合でも負けることが本当にイヤなんですね。試合に負けて、また始まる一週間の雰囲気が許せないので、試合中に劣勢の展開にあると思わず叫んでしまう。その時に自分のプレーを見失っていることも多いんで、感情的になるのはよくないなと、最近考えさせられます。どうやって自分の中で感情をコントロールしてプレーするかが、僕の課題ですね。
試合に負けると、その日は眠れないです。すぐに試合を映像で振り返って、何ができて何ができなかったのか、自分なりに分析をします。そこからいい意味で切り替えることは大事だと思うけど、「明日は明日の風が吹く」なんて簡単に言いたくないんですよ。なぜならジュビロ磐田にいた頃、そういう流れでJ2に降格した経験があるから。目の前の一試合一試合を大事にしないと、最後に泣く。それを若い選手にどううまく伝えられるか、投げかけ方をいろいろ考えています。去年まではチームの中で僕が一番若いくらいだったのに、サンガに来て後輩がいっぱいできたので、「自分がしっかりせなあかん!」っていう意識が強いんですよね。人に伝えることって難しいけど、まぁでも、アツくなかったら僕じゃないとも思うんで…(笑)。自分らしさをうまく出しながら、やっていきたいですね。


――サンガの中でもこだわり派の選手だそうですが、サッカーに対するこだわりについて教えてください。

菅沼:試合までの一週間の流れは、自分なりに結構こだわってますね。勝利を呼び込む儀式っていうか(笑)、おきまりの行動があるんですよ。例えば、週に1回はひとりで走り込むとか、帰ってから夜にひとりで練習するとか。そういうのを1週間に2〜3回こなすことで、他の誰よりも練習したっていう気持ちになるんです。単純なんですよ(笑)。
あとは、試合前にヘッドホンで音楽を流しながら、自分のサッカーノートを見直すこと。サッカーノートは毎日じゃないですけど、ずっとつけてますね。練習を通して気づいたことや、先輩に教えてもらったことを記録してます。特にコウジさん(山瀬功治)は、タメになる話をいつもしてくれますね。ちょっと話が長めだから、忘れないうちに書くのが大変ですけど……!
試合の前日はあんまり食べ過ぎないようにしてます。“満腹状態だと闘争心がかき立てられない”って聞いたことがあるのもひとつなんですけど、何より自分のベスト体重をキープするように気をつけてます。ちなみに、試合の直前に必ず聞く音楽は、清水翔太さんの『Impossible』。「よし、これで勝てる!」っていうムードづくりにぴったりなんです。こんな感じで、自分でモチベーション上げていくタイプですね。
そして、日頃のリフレッシュ方法は、実家から連れてきた犬(ミニチュアシュナウザー)と遊ぶこと。家に帰ったらいつも待っていてくれてるのが救いですね!何も文句言わずに話を聞いてくれるので、いろいろ相談に乗ってもらってます(笑)。



菅沼駿哉

――最後に、ファン・サポーターのみなさんへメッセージを!

菅沼:いよいよ、ここから折り返し。これまで対戦したチームと当たるということは、「負けると思った試合は一度もなかった」ということが大きな意味をなしてくると思います。J1もJ2もひと通り経験してきたうえで言うなら、ここから大事なのは「今もう一度、チームがひとつになって戦うこと」。試合に出ている選手は、出ていない選手のぶんまで一生懸命に戦う。逆に出ていない選手は、スタメンを奪われるかもしれないという危機感をピッチの選手に与えてほしい。「J1昇格」という目標はまだまだ消えていません。西京極には、あれだけアツいファンがいるので、みなさんの応援を無駄にしないように、しっかり失点数を減らしてがんばっていきたいと思います。


インタビュー日:2015年6月19日

ページトップへ