ホーム > クラブ・選手情報 > 選手インタビュー

選手インタビュー


大西勇輝選手×永島悠史選手×奥川雅也選手インタビュー
>>前編はこちら

――サンガへ入団した経緯を聞かせてください。永島選手はSPコース出身ですね。

永島:僕は親に勧められて、SPコースのセレクションを受けました。たしかSPコースができたのは、その年からなんですよね。セレクションは1次と2次があったんですけれど、1次の時は知っている選手がほとんどいなかったんです。それでサンガの人から「ポジションはどこ?」と聞かれて、その時は中盤や前線でプレーしていたんですけれど、何故だかふいにサイドバックをやりたくなって「右サイドバックです」と言ってしまいました(笑)。あとから両親に、「なんでサイドバックやったん?」「そんなんやったら落ちるで」と言われたので、2次セレクションは本来のポジションでやりましたけど、小学生のくせに、やたらモチベーションが低かったのを覚えています。その前にあった地区トレセンですごく調子が悪くて、それを引きずっていたのかもしれませんね。

奥川:すごいな、小学生やろ…(笑)。

永島:でも、入ってみたら上手い人が多くて刺激を受けました。本田さん(本田将也/現:強化部スカウト)や山下さん(山下弘樹/現:育成・普及部コーチ)から指導を受けたんですが、当時はまさか自分がトップチームまであがれるとは思っていなかったです。



大西勇輝選手×永島悠史選手×奥川雅也選手

大西勇輝選手

――大西選手はU-15(ジュニアユース)からの入団ですね。

大西:僕は奈良の高田出身で、小学生の時のチームのまま(ジュニアユースへ)上がることもできたんですが、やるからには上のチームでチャレンジしたいという気持ちがあったので、Jクラブを受けました。何チームか受けたんですが、1次と2次を受けて(それぞれのチームのレベルが)そこまで変わらなかった。正直、自分もそこそこのプレーで合格するということが続いていたので「あれ?なんかおかしいな?」と思ってたんです。そんな中、サンガの3次セレクションに参加した時、一緒やったメンバーが(永島)悠史や石岡巧丞(サンガU-15→サンガU-18→立命館大学)や林大樹(サンガU-15→京都橘高校)でした。一緒にプレーしてみて「こんなレベルの高いサッカーができたら上手くなるやろうし、楽しいやろうな」という思いを強くもったのがサンガに来るきっかけになりました。それと立命館宇治中学校が近くにあると聞いた時、親も「もし怪我などで挫折した時は勉強に切り替えて」という考え方で、勉強に関しても口うるさく言われてきたので、「立命館宇治に通えたら、将来を考えた時にちょっと有利かな?」と考えたのも理由の一つです。

奥川:小学生やろ?すごいな…(笑)。

大西:でも一番の理由は、悠史たちとのプレーに魅力を感じたことやから(笑)!



大西勇輝選手×永島悠史選手×奥川雅也選手

奥川雅也選手

――同じく奥川選手もU-15(ジュニアユース)からの入団ですね。

奥川:小学6年でナショトレ(ナショナルトレセン)の選考会に呼ばれて、そこで悠史も一緒やったんですけど、自己紹介の時に「みんな中学では、どこのチームに行くの?」と聞かれたんです。そこで出てくる名前がガンバとかヴィッセルとかサンガとかで、僕はその時まだどこに行くか決まっていませんでした。そして、選考会から帰ってきた時にサンガが声をかけてくれた。選考会でJクラブに行くような選手の上手さを見ていたので、はじめは「俺が行っていいんかな?」と思ったんですが、その時はなんかJクラブというのがカッコよかったので入団を決めました(笑)。



――3人はU-15、そしてU-18と6年間をサンガで過ごしていますが、印象に残っていることはありますか?

大西:僕は世界大会のメンバーから外されたことです(注:2010年5月、サンガU-15はJFAプレミアカップで初優勝。8月の世界大会へ日本代表として出場することになった。当時、大西選手は中学2年生)。プレミアカップの決勝戦では、僕のゴールが決勝点だったわけじゃないですか!なのに先輩がメンバーに入って、僕が弾かれるという挫折感…。みんなが世界大会でマンチェスターへ行っている間、僕や悠史は日本に残って、真夏の京都や大阪をぐるぐると走っていました。あの悔しさは絶対に忘れないですね。帰国したメンバーから世界大会の話を聞いても、興味があるのが半分、もう半分は悲しいというか辛い気持ちがあって…。でも翌年も大会があると聞いたので「見返してやるんだ!」という思いを強く持ったし、実際にスタメンで出ることができて、優勝した瞬間は込み上げてくるものがありましたね。「やっと世界にいけるんや」と。あの期間があったから、僕は今ここにいるんだと思います。

奥川:僕も世界大会ですね。トップ下でプレーしていたんですけど、世界大会では相手のデカさや迫力の前に何もできませんでした。それでメンバーから外されて、どうするのかなと思ったら、そこで左サイドに回されたんです。それまでドリブルは オリビエ(岩元颯オリビエ/サンガU-15→サンガU-18→鹿児島城西高校→ジュビロ磐田)や岩井健(サンガU-15→綾羽高校)に任せて、僕はボールを散らしていました。左サイドに回ることになって、ドリブルをし始めて、それが今につながっています。

永島:僕はSPコースも含めると在籍期間は(3人の中で)一番長いんですが、チームで言えばプレミアカップや高円宮杯で優勝できた時は嬉しかったし、優勝できなかった大会では悔しかったです。個人としてはカテゴリーが上がる毎に、メンバーって削られていくんです。SPコースからU-15、U-15からU-18、そしてU-18からトップチーム…そのたびに仲間が減っていく中で、僕は早い時点で昇格と言われることが一度もなかったんです。だから進路でも、どの高校に進むのかなかなか決まらなくて、親泣かせなことをしていました。自分としても「なんでだよ!」って憤ることがありました。そういう状況は何ヶ月か続くんですけど、その期間にいいプレーができなかった。その前後はいいプレーができるんですけれど…。本当にギリギリで上のカテゴリーに進めることを繰り返していたので、もう少しプレッシャーに強くならないといけないと自分の中で感じていました。「今に見てろよ!」という思いを力にしてここまできたし、それが一番印象に残っています。




大西勇輝選手×永島悠史選手×奥川雅也選手

永島悠史選手

――サンガのアカデミーで様々なことを経験したと思います。サッカーのこと、ピッチ外のことで、どんなことを学びましたか?

永島:プロになりたいと真剣に思い始めたのは高校になってからですけど、SPコースの時から練習場がトップチームと同じ敷地内なので、プロへの憧れはおのずとありました。一番は秋田豊さんと森岡隆三さんが一緒に加入した時ですね。それと柳沢敦さんが来た時も「すごい選手がきたな」と。その前も、僕はまだ小学生でしたけど朴智星さんや松井大輔さんがいたし、「もっと上手くなって、あそこへ行きたい」という向上心はありましたね。それにトップチームで活躍していた選手がコーチになって、その人たちからそれまでとは違う指導を受けることができた。それまで自分の中で一本しかなかったプレーが二本、三本と増えていく。そういった面でサンガのスタッフにはすごくお世話になりました。生活面では高校から寮生活になって、学校もみんな同じ。いろいろあったし、腹が立つこともあったけど、その中でいろんな事を学べたし、人のいい部分を見て「自分もこうしていこう」というのは心掛けて生活していました。

大西:僕はプレー面では中1の入団時は足もまだそんなに速くなくて、身体も華奢でした。それまでドリブルが特徴のチームで育ってきたのでドリブルには自信があったんですが、なかなか使ってもらえなかった。それが中2で走り込んだ時期に足が速くなって、身長も8センチくらい伸びたり、筋肉もついていくうちに「スピードや瞬発力の部分は本当に自信があるな」と気付きはじめました。入団時はオリビエや平山悠大(サンガU-15→サンガU-18→立命館大学)に負けていたスピードも勝てるようになっていったんです。そこで勝負しよう!と思えたこと、自分の本当に負けない武器を見つけられたことは、クラブや川勝さん(川勝博康/現:トップチームコーチ)のおかげです。ポジションもセンターフォワードやサイドハーフやトップ下、サンガU-18ではサイドバック、日本代表ではセンターバックと前から後ろまで、いろんなところでプレーさせてもらったので、プレーの幅が広がった…とまでは言いませんが、自分自身にとってすごくプラスになりました。 生活面ではキャプテンをやるキャラじゃなく、人をまとめるよりは人を活かすタイプ。悠大とかに、U-15では迷惑をかけたなと思っています。そんな自分がU-18の最後はキャプテンを任された。そして、寮生活を経験して、後輩のことを第一に考えられるようになったりしたのは、一人の人間としての成長だったんじゃないかなと思っています。

奥川:僕は小学生の頃のチームがそれほど強くなくて、どちらかというと団子サッカーなチームでした。キャプテンでしたが、ゴールキックもスローインもドリブルもシュートも全部自分がやる感じでした(笑)。それくらい弱かったんです。ポジションも決まっているのは最初だけで、最後は全部のポジションでプレーしていました。でもプロのサッカーを見ていて、後ろでパスを回すのがめっちゃカッコええなと思っていて、サンガに入ったらみんなパスを回すんですよ。「ああ、すごいな」と思いました(笑)。そこからはチームメイトがみんな上手いので、「今までみたいに自分が一人で全部やらんでもえんや」と思って、サッカーの本質というか、一つ上のサッカーを教わった気がして、いろんなことを考えるようになりました。「自分が使う側やったら、どんなパスを送るのがいいのかな?」とか「この人はパスが上手いから、ここにポジションを取れば出てくるな」とか。大人のサッカーに変わっていった感じでした。それが楽しかった。生活では高校生になって寮生活をしたのが自分の中では大きかったです。ユースだけじゃなくてトップの選手も同じ建物にいたので、「プロを目指すなら、これまでの自分じゃ駄目だな」と思うようになりました。変わったかどうかはわかんないですけど、大人になるんだという目標ができたのは大きかったです。

――U-18では、どんな思い出がありますか?

大西:1年生から3人でやらせてもらっていたんですが、悠史や雅也はテクニックがあるので相手を抜いていけるんですけれど、そのタイミングが2人は独特なんですよ。そして、その独特なタイミングに合わせて僕は動き出さないといけなかった。僕がゴールを決めた試合を思い返せば、そのタイミングで走りだすことができて、2人からのパスを受けれているんです。しかも、そのパスは僕がトップスピードのまま次のプレーへ移れるパスだった。逆に決められない試合は2人のタイミングで走りだせていない。僕がスピードを活かした動き出しを武器にできたのは、2人のような存在と3年間一緒にプレーしていたからだと思います。それがなければ特徴のない選手になっていたかもしれないし、悠史や雅也がパスを出してくれていた1試合1試合が僕にとっては感謝すべき試合だったのかなと思います。

奥川:勇輝はとにかく速いので、パサーからすれば楽でした。スペース出せば速いのでフリーになる。ドンピシャ!ってプレーが多かったですね。



――3人がどんな人なのかもサポーターに伝えたいんですが、それぞれを一言で表してもらえませんか。まずは、永島選手。

奥川:…謎。ほんと謎です。
永島:そっちに行く?!
奥川:サッカーでは本当に天才ですよ。初めて見た時、ビックリした。「こんな上手いやつ、いるの?!」って焦ったもん。



――謎、というのは?

大西:何を考えているのか、わからない(笑)。
奥川:練習が終わった後に、突然暴れだしたりして…
永島:それは…あるかな。



――では大西選手は、どんな人ですか?

奥川:しっかり者ですよ。大人って感じがするし、俺目線で言えば見てる世界が違う。
永島:あと、声もでかい。大声、大人、漢字で言えば『大』かな。
奥川:あと、話す時も大人みたいな話をするじゃないですか。いろいろ知ってるし。



――成績も3人の中では、一番良かったと伺いましたが。

大西:余裕で一番です(笑)。
永島:確かに。
奥川:でも、しっかり者の時と、そうでない時がある。
大西:こういう取材では僕が一番大人っぽく見えるかもしれませんが、寮に帰ったりすれば、仲間の存在は人を変えるんですよね。心を許せる仲間には自分の素をさらけ出せるんです。
奥川:こういうこと言えるのが大人でしょ(笑)。



――最後に、奥川選手は?

永島:…化け物(笑)。
大西:化け物やな(笑) サッカーではほんまに凄い。ドリブルも独特で、クネクネしてボールを奪えないですよ。私生活では、ちょっと抜けてるところがあるかな。
永島:でも、後輩とめっちゃ話すよね。後輩好き。
大西:いや、それはね。同学年の中やと、雅也よりも僕らの方が大人な感じになるでしょ。それが後輩とやと、年齢の関係で自分が上に立てるんですよね(笑)。
≪一同爆笑≫
大西:でも、後輩にとっては、偉大な先輩と身近な関係になれるわけじゃないですか。僕も後輩とは関わるほうやけど、雅也はより近い感じで、そういう先輩に憧れて「自分もがんばろう!」となる後輩もいるんですよね。
奥川:上手いこと言うなー(笑)
大西:でも、僕たち3人ってバランスがいいと思うんですよ。雅也や悠史は一人でどこか行っちゃいそうじゃないですか?それを僕が引きとめる。
永島:なんか、いい風に持っていこうとしてない(笑)?
大西:でも、僕がハメを外しそうになったら、この二人も大人になって僕をグッとつかんでくれて、元に戻してくれるんです。そのへんのバランスはすごくいいなと、いつも思ってます。



――最後にサンガでの自身の未来像を聞かせてください。

永島:もっと練習してレベルを上げて、自分が活躍することで全盛期だったサンガを超えられるように、そのチームの中心でありたいとずっと思っています。それを目標にやっていきたいです。

奥川:プロのサッカー人生は短いと言われているし、結果にこだわっていって頼られる存在になりたいです。

大西:試合に出ないと始まらないし、出ることが前提になるんですけれど、出た時に自分の特徴である走ることで、応援してくれる人達に元気というか、3人のプレーを見て「また来たいな」と感じてもらえるようにしたい。サポーターの皆さんがあっての自分たちなので、そういったものを届けられるようなサッカー選手になっていきたいです。





【history】

大西勇輝選手×永島悠史選手×奥川雅也選手

3選手とも高校1年生の時から、主力選手として試合に出場してきました。高校生年代でタイトルの獲得はなりませんでしたが、3年間(2012-2014)高校生年代最高峰のリーグ「高円宮杯U-18プレミアリーグ」で戦いました。



インタビュー日時:2015年3月25日

ページトップへ