ホーム > 選手・クラブ > サンガ公式メルマガWeb版「ムラサキズナ」

サンガ公式メルマガWeb版「ムラサキズナ」


 2016.12.9. vol.792
お金を超える喜びを皆さまとともに享受していくために

■年末が押し迫ってくると、

 来年度へ向けた決意というか、
 来年こそ、という思いがふつふつと湧いてくる。

 そんな方も多いのではないでしょうか。

 私もそんな方々と思いは同じ。

 手に取る本や、お会いする人との会話、
 参加する勉強会やセミナーのタイトルも

 「目標設定」

 という文字に彩られています。




■チームがどんな目標を掲げるのか。

 J1昇格は当然のこととして、
 その先により大きな目標があれば、

 監督やスタッフ、選手もさることながら、
 ファン、サポーターも心が震えてくるはずです。

 そしてそれは、

 荒唐無稽として嘲笑されてしまいそうな、
 壮大なものでなければ

 胸が熱くなったり、ジーンときたり、
 込み上げてくるものを感じることはありません。




■「脳は、実際の経験と想像上の経験を
  区別することができない」

 といいますが、

 イマジネーションを働かせて
 成りたい自分を描き、感情が動かされ、

 体は動かされていくものです。

 そうであるならば、

 現状を肯定的にとらえ、
 前向きに解釈しながら生きていきたいもの。


 「現在の我々のありようは
  我々の思考の結果である」

 前向きな思考から前向きな結果がが生まれ、

 後ろ向きな思考からは
 後ろ向きな結果しか生まれてこないのです。




■クラブは来年、

 J2を7年連続で過ごすことが決まっています。
 動員は大きく減少しました。

 それでも、たくさんの方々がクラブを愛し、
 強くなることを願い、声援を送ってくださっています。

 京都という名前を冠し、
 京都で生まれ育ち、京都で活動するクラブに、

 まだまだたくさんいらっしゃる、
 顔も名前も知らない方々が、

 年に一度でも、
 あるいは一生に一度かもしれませんが、
 
 西京極でサンガのサッカーを見て、
 感動したり喜んだり。


 J1で常に優勝争いをするようなクラブになるために、

 営業担当としても、そういったお客様から
 ただ単にお金をいただくことだけを考えるのではなく、

 お金を超える喜びを
 皆さまとともに享受していくこと。

 そのために、いかなる形でもいいので、
 こちらから出向くという姿勢と、

 出向いた先で心を通わせるような会話とともに、
 相手に寄り添って、

 ご要望にできる限りお答えする
 そんな姿勢を持って、

 これからも仕事に取り組んでいかねばならないと
 強く思う今日この頃です。




■今年も残りわずかですが、

 来年に向けての目標を
 今一度見直し、問いただし、

 然るべきものに落とし込みつつ、
 ひとつひとつ準備を進めていこうと思います。

 引き続き、よろしくお願いいたします。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■セミナーを実施しました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■11月28日に

 唐突に配信された
 号外メルマガ。

 そして7名のお申し込みを受け、
 3日に細々と?開催されたセミナータイトルは、

 「【学生・転職希望者必見】自分を売り込む方法を教えます!」

 
 初めての試みで、
 どれだけの価値提供ができるか

 不安で不安で仕方ありませんでしたが、
 ちょうだいしたご感想に目を通し、

 少し(少しだけですが…)
 ほっとしている今日この頃です。


 以下ご感想を掲載します。



(感想ここから)
---------------------------------------

■土曜日は、ありがとうございました。

 さて、本日のセミナーで重要と感じたことは、

 自分の思いを
 自分自身に強く知らしめることの大事さです。

 その手段として、

 公言することや、
 日記に記すことがあると感じました。

 人間、だれしも、思いはあります。

 ただ、漠然と思っているだけでは、
 憧れだけで終わってしまうことが大半だと思います。

 現実化するための可能性を上げるためにも、
 周りに公言したりすることで

 「退路を断つ」

 ことも、必要なのだと思います。

 また、このことで、
 協力者も得られる可能性も上がると思います。

 休日にもかかわらず、
 セミナーお疲れ様でした。

 (N.N. 様)

---------------------------------------
(感想ここまで)



 今日もお読みいただき、ありがとうございました。



一覧へ戻る


ページトップへ