ホーム > 選手・クラブ > サンガ公式メルマガWeb版「ムラサキズナ」

サンガ公式メルマガWeb版「ムラサキズナ」


 2016.12.7. vol.790
京都のために戦ってくれて本当にありがとうございました

■既に発表されているとおり、

 7選手、および3名のスタッフが
 今シーズンをもって京都を去ることになります

 (12月6日現在)


 戦略的なことやバランスなど、
 様々な事情があることだと思われます。

 選手たちがよく話している

 「プロの世界」

 における評価には
 厳しさを感ぜずにはいられません。

 それにしてもやはり別れはつらいもの。

 シーズンを終えた後のこの時期は、
 ファン、サポーターと同じように、

 営業スタッフも一喜一憂しながら
 過ごすことになります。




■コンタクトがとれた選手やスタッフには
 別れのあいさつをしました。

 ファン、サポーターに向けた
 惜しみない感謝の気持ち、
 
 そしてこれから始まる新しい人生を
 前向きにとらえ、

 明るい言葉を残してくれました。


 「またいつか」
 「これからもよろしく」

 と言ってくれる方もいて、

 サッカー界にいる者同士、
 これからも持ち場立場で懸命に、

 大きく言えば日本サッカー界の発展のために、

 競い合いながら努力をしていかねばならないと
 深く感じている次第です。




■ネットや新聞紙面などで伝わってくる

 選手や監督の言葉。

 それなりに伝わるものがあるのは確かですが、

 今シーズン、
 現場のそばで仕事をしたことにより、

 リアルに受け取ることができる感覚は、
 二次的な情報とは全然違う

 ということも実感しました。

 選手やスタッフといった現場の方々が、
 いかに全身全霊をかけて、

 クラブの勝利を目指して日々
 格闘してくださっているかは、

 本メルマガでもしつこいくらい
 書き続けてきましたが、

 稚拙な文章のため
 伝わり切れない部分もあったかと思います。

 自分の力のなさに愕然とする
 毎日ですが、

 現場にいさせてもらったという幸運を、
 今後の仕事に生かしていかねばなりません。




■試合の勝敗、揺れ動く感情、
 そしてすぐに訪れる次節までの準備。

 強靭なメンタルを持っていないと
 決して成し遂げられないミッション、

 それが監督業であり、スタッフ業であり、
 プレーヤーなんだろうと。

 人生をかけて、命がけで、
 サンガのために戦ってくれたことに対して、

 心の底から感謝の気持ちが沸き上がってきます。

 何もできませんが、
 それでも彼らに対して、

 そして今後の人生に対して
 応援する気持ちや、

 リスペクトの念をもって
 さよならの言葉を送りたいと思いました。




■彼らの仕事に敬意を払うことが
 足りていなかったのではと、

 反省することもあります。

 しかしながら、
 リアルに接することができる機会は

 そう多くもありません。

 クラブスタッフだけではなく、
 ファン、サポーターにとってみても、

 どうしても二次情報に頼らざるを得ず、
 だからこそ、

 近くにいて
 体験したことや気づいたことは、

 これからも書き留め、発信し、
 皆さまと共有していければと思っています。

 そのためには、書き手として
 より一層の努力が必要。

 怠けることなく
 日々精進していかねばなりません!

 
 分かれは寂しいものですが、

 前向きな言葉に感化され、
 晴れやかな気持ちでいたりもします。

 京都のために戦ってくれて
 本当にありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■セミナーを実施しました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■11月28日に

 唐突に配信された
 号外メルマガ。

 そして7名のお申し込みを受け、
 3日に細々と?開催されたセミナータイトルは、

 「【学生・転職希望者必見】自分を売り込む方法を教えます!」

 
 初めての試みで、
 どれだけの価値提供ができるか

 不安で不安で仕方ありませんでしたが、
 ちょうだいしたご感想に目を通し、

 少し(少しだけですが…)
 ほっとしている今日この頃です。


 以下ご感想を掲載します。



(感想ここから)
---------------------------------------

■本日は、貴重なお話を聞かせていただき
 ありがとうございました。

 今回のセミナーに参加して

 「できる方法を考える」のではなく
 「できない理由を探してる」自分がいる

 ということを感じました。

 自分自身、数年前に目標は立てました。
 しかしながら、道半ばの状態で

 非常に遅い進捗で
 自分の思い描いているようにはならず

 時間だけが経っていると感じてます。


 「時間がない」

 を言い訳にしているところもありましたが、
 本日の久保さんのお話を聞いて

 もう一度考えを改めて
 やらなければと深く痛感しました。

 また、持続力がないこともあり
 日記を数日つけて放置して、

 またしばらくして思い出して
 数日つけてとなってました。

 本日の久保さんのお話を聞いて、
 とりあえず100日がんばって続ける努力をしてみます。

 自分自身を振り返ってみると
 アウトプットすることができていないので

 毎日3行ぐらいでも日記をつけて
 そこの部分を意識し、

 極力すぐに行動に移すことを
 常に頭に入れていきたいと思います。

 私の来年の目標は、
 今持ってる資格を活かしてセミナーをすることです。

 目標が実現できた時には、今日の久保さんのように
 明るい表情で話しできるように努力していきます。

 今の気持ちを忘れそうになったら、
 来年、西京極で久保さんの姿を見て

 今日のセミナーのことを思い出して、
 なりたい姿をぶれずに想像して

 努力をしていきます。

 本日は、誠にありがとうございました。

 (匿名希望 様)

---------------------------------------
(感想ここまで)


 今日もお読みいただき、ありがとうございました。



一覧へ戻る


ページトップへ