ホーム > 選手・クラブ > サンガ公式メルマガWeb版「ムラサキズナ」

サンガ公式メルマガWeb版「ムラサキズナ」


 2016.12.3. vol.786
自分は何者であるかを問い続ける

■「振り返る」

 ことの大切さを昨日、
 したためてみました。

 流れ続ける時間を一旦せき止めて、
 省察し改善し、

 毎日0.1%でもいいから成長していくこと。

 選手たちの言語化能力を
 例に挙げてお伝えしました。




■今日一日を振り返って
 言葉に落とし込むこと。

 これは成長を期待すると同時に、

 「自らに問いかける」

 ということでもあります。

 自分は何者であるのか。
 自分はどうありたいのか。

 目標に向かって、自分はどんな存在でありたいのか。

 自分が今、ここにいる理由、
 アイデンティティを探し続けているということ。

 選手たちは日々、
 意識的であれ、無意識的であれ、

 何者であるかを
 自問自答していたように思われます。




■好きなことではなく、
 やらされ感があれば、

 省察や改善をいくら繰り返しても
 頭の中は整理されませんが、

 自分の将来、考え、能力、環境を問い続けて、
 一番居心地のいい場所はどこなのか。

 自分探しの時間を前向きに捉えながら、

 ときに疑問や不安がないまぜになった状態で
 混乱することもありますが、

 いったりきたり、
 正しいと感じていたことが間違っていると感じたり、

 その逆もしかり。

 いつしか徐々に、
 自らの考えが統合されていき、

 信念にまで昇華される。

 そうなれば自動的に、
 正しい考えのもと、

 目標に向かうための、
 あるべき自分の姿を見つけ出すための

 正しい行動が促され、
 成功をつかむことになるはずです。




■選手たちは常日頃から

 自分という存在を
 第三者的に俯瞰して眺め、

 あるべき姿を問い続けながら
 努力を重ねてきました。

 しかしながら目標にはあと一歩届かず、
 その理由を今、

 自主練習を通して問い直しているのかもしれません。

 これからも続いていくサッカー人生。
 日々の省察を繰り返して、

 一歩一歩夢に近づいていく。

 そんな彼らのかっこいい生きざまに
 感化されながら、

 私たち事業スタッフも歩みを止めることなく、
 来年度の成功を夢見て

 前進していきたいと感じました。



 今日もお読みいただき、ありがとうございました。



一覧へ戻る


ページトップへ