ホーム > 選手・クラブ > サンガ公式メルマガWeb版「ムラサキズナ」

サンガ公式メルマガWeb版「ムラサキズナ」


 2016.12.2. vol.785
言葉にすることで省察、改善、実行のサイクルが回り出す

■2016年も残り一か月。

 一年を振り返り、反省し、
 来年をどんな年にしていくのか。

 考えることが多い一か月です。


 幸いなことに私は、

 こうして毎日メルマガを書く機会
 をちょうだいしていますので、

 12月に限らずとも、
 毎日振り返ることができています。




■1日は24時間。

 起きている時間は
 16時間とか18時間になると思いますが、

 目の前に現れる現象は
 すべて一回性のものです。


 後戻りできない貴重な時間。

 常に意識して、
 一分一秒を無駄にしないように、
 
 一時間先、一日先、一週間先、
 一か月先、一年先と続く未来が

 少しでも現状より改善していけるように、

 「振り返る」習慣は大切にしたいものです。


 選手たちなら、

 練習後に囲み取材を受けることで、
 練習を振り返る機会があります。

 選手たちの言語化能力のすごさは、
 以前からメルマガでもお伝えしてきましたが、


 <541号 自らを客観視して自らに今何をすべきかを問う>
 http://www.sanga-fc.jp/blogs/mailmagazine/7211/

 <562号 微妙な感覚を言葉で表現する能力がチームを成長させる>
 http://www.sanga-fc.jp/blogs/mailmagazine/7312/


 練習で何が起こり、何を考え、
 そして明日はどうしていくのか。

 鮮明に描かれた過去を言葉にして振り返るという
 習慣が身についています。

 そんな環境に生きていない人でも、
 例えば日記を書くとか、ブログを書くとか、

 そうすることによって、
 ただただ時間を垂れ流すのではなく、
 
 せき止めて、立ち止まって、振り返って、
 感じたこと、思ったこと、考えたことを書き連ねることで、

 反省が生まれ、省察が始まり、
 翌日の行動が改善されていく、

 そんな善循環のサイクルを作り出すことができます。




■言葉にする、

 それは発するでもいいですし、
 書き留めるでもいいのですが、

 そうすることで、

 感動したこととか心が震えた経験を、
 もう一度味わう感覚を得たりします。

 そうすると、

 得難い経験はより深いところで、
 自身の心に刻むことができ、

 生きるエネルギーになることも。

 


■振り返る効用は
 挙げればきりがありませんが、

 この一か月は特に、
 そしてこれからも毎日一回でいいので、

 振り返り、反省し、改善して
 また新たな行動を起こし、

 自らを躾け、陶冶していきたいと感じました。

 選手たちはすでに、
 来季に向けて動き出しています。

 我々スタッフも取り残されないよう、
 懸命に動いていきたいと思います。



 今日もお読みいただき、ありがとうございました。



一覧へ戻る


ページトップへ