ホーム > クラブ・選手情報 > サンガ日記

サンガ日記


トップチーム新卒選手対象「メディア・トレーニング」を実施しました!
[2017.9.5]
8月22日(火)にトップチーム新卒選手を対象とした「メディア・トレーニング」を実施しました。
プロ選手としてのキャリアをスタートさせて取材やイベントに関わる機会が増えている中、どのような発言や振る舞いがふさわしいのかを学ぶことが目的です。今回は高卒、大卒の5選手(岩崎悠人選手、仙頭啓矢選手、大野耀平選手、島村拓弥選手、麻田将吾選手)が参加しました。



講師は、メディアトレーナーの片上千恵さん。
まず、挨拶や発声の仕方を確認した後、Jリーグの試合後に収録されたインタビュー映像を見ながら、よかった点や改善すべき点を指摘し合いました。
画面に映し出される自分を見ることに少し恥ずかしさを感じながらも「声のトーンが低いですね。ちょっと聞こえづらい」「(話しながら)顔を触っている。無意識だけど、これはよくない…」など改善点を確認していきます。




片上さんはインタビューを受けるときの声の大きさや姿勢など具体的なアドバイスを交えながら「大切なのは"伝えたい"という意思があるかどうかです」と分かりやすく選手たちに説いてくださり、選手たちも熱心に耳を傾けていました。その後、今回学んだことを取り入れたショートスピーチを考えて、全員の前で発表しました。また、そのショートスピーチもみんなで映像を見て、意見を交わしました。





参加した島村選手は「実際に映像を見て、直すべきところがありました。日頃の練習からアピールして早く試合に出て活躍して、西京極でいいインタビューができるように頑張ります」と話しています。

試合会場や練習場などでの触れ合いや様々なメディアによる取材、そしてホームページやSNSなどを通じて、いかに自分の思いをファン・サポーターの皆さんに伝えるのか。プロとしての第一歩を踏み出したばかりの選手たちにとって有意義な学びの場になりました。

一覧へ戻る

バックナンバー


ページトップへ